有料アダルト動画月額アダルト動画裏DVD美人フェラ高画質アダルト動画フェラ動画美人フェラ無修正アダルト動画フェラチオ動画無修正フェラ無修正フェラ動画アダルト動画無修正アニメ動画海外アダルト動画無修正DVDクレジットカード有料アダルト動画月額アダルト動画ウォーターサーバーアダルトグッズランジェリー無修正盗撮動画AV女優名教えて無修正パイパン動画美マンアーロンチェアジャポルノセックス動画無修正エロ動画
エロ動画テクノブレイクアダルト動画猫SNSSNS借金時計

近隣での引越し2題2010/01/16 21:01

近隣での引越し2題
青色の太字をクリックしてください。写真などが表示されます。

近隣で2007年と2008年に引越しをされたお宅が2件ある。

引越し跡に共同住宅建設
引越しされた一軒目
その内の1軒は、ある老舗の食品会社役員宅である大きなお屋敷だった。2007年9月にはマンションらしき建物の建築計画を知らせる看板が掛かっていた(写真上)。2007年12月から建築が開始され、2008年3月末竣工。
この吉村家(仮名)のお宅の公道を挟んだ斜め向かいには、同じ苗字の表札を掲げた真新しい一戸建てがある。引越しされた吉村家の奥様であろうか、家を出るなり、きょろきょろ、おどおどして、入念にあたりを見回しながら自家用車を走らせた姿を妻が発見している。この脅えたような様子からは、なにがしかの近隣トラブルが進行していたことが窺える。さて、このように徒歩10~20歩程度の近隣に同じ苗字のお宅があれば、さぞかし郵便物や宅配便などの誤配に悩まされていたのではと、老婆心ながらお察しする。

誤配の悩み
私どもも、郵便物などの誤配の多発には随分と悩まされてきている。というのも、私どもと同じ苗字の天野さんが、近隣に2軒存在するからだ。しかも番地の最後の二桁がひっくり返っただけであるからきわめて紛らわしい。そこで、拙宅に「アマノビル」との看板を設置した経緯がある。そして、拙宅宛ての郵便物の住所欄には「アマノビル」との表記を加えて頂いてもいる。それでも誤配はなくならない。
郵便物の誤配というのは厄介なものだ。昔気質で律儀だった妻の亡き両親は、誤配がある度に「誤配です」と書いて急いで近くのポストに投函したという。宅配ボックスに入っていた荷物は、運送会社に電話をしてその都度取りに来てもらっていた。高齢のご老人夫婦には大層ご苦労なことだったであろう。
3通同時に誤配の親展封書の1つ目
2005年5月16日(月)、防犯カメラ撤去等請求の訴訟を提起した原告の妻宛(乙第92号証1頁目・写真上)及び、アマノビルの前に居住の飲食店経営者の娘さん2名宛(乙第92号証2頁目)、合計3通の親展封書が拙宅に誤配された。この日は、2004年5月16日(日)引っ越しのご挨拶で飲食店経営者が拙宅に挨拶に見えた日から丁度1年後であることから、偶然とも思えない。私が勤務先から帰宅後に郵便局に電話して取りに来てもらった。封書は、2世帯の郵便物であり、しかも各1通は相当に、ぶ厚い同じデザインの封書3通が、妻と私の2人暮らしの拙宅郵便ポストに一度に入れられることは通常では考え難い。
誤配の親展葉書
さらに、2007年7月11日(水)正午頃、前記原告の妻宛の葉書(乙93の1・葉書表・写真上その2・葉書裏)も誤配された。この日は、原告夫妻からの訴状が送達された同年5月11日(金)の2か月後である。すぐに郵便課コールセンター受付に連絡したがなかなか回収にみえないため、夕刻、郵便局集配課に連絡するとすぐ回収にみえた。訴訟を提起して来た相手方の郵便物であるから、また何か言いがかりをつけられてはと慎重を期して受け取りに来た郵便局員(乙93の4・名刺)に受領書(乙93の3・通知書兼受領書)を書いてもらった。こうした準備も手間がかかる。
2008年2月25日(月)にも別の天野さん宅宛のConfidential封書が誤配された(乙216・1頁目の封書2頁目の受領書)。 ここまでは、不思議と「親展」郵便物ばかりであった。 「親展」郵便物は取扱いに最も注意を有するというのにである。
2009年12月24日(木)にも別の天野さん宅宛の封書が誤配された。
このように、まず取りに来てもらうために電話を掛ける、誤配の証拠を残そうとすれば書類作成のための余計な時間を費やす、取りに来れば誤配物を手渡すという手間がかかる。これがたびたびなのだから、いかに温厚な人間といえどもたまらないと感じるのではないか。

誤配は何も郵便局に限らない。
2007年10月17日(水)には、別の天野さん宛てのメール便が誤配された(乙137の1・メールその2・お知らせ兼受領書)。
2007年11月5日(月)には、これまた別の天野さん宛てのメール便が、別の業者により、誤配された(乙140の1・メール便その2通知書兼受領書

なお、私どもの郵便物が、原告夫妻宅や飲食店経営者宅、他の天野さん宅に誤配され、戻された事実はない。つまり、逆の現象がないのが不思議である。

引越しされた二軒目
私どもは、2008年2月3日付被告準備書面15で「原告ら及び被告らの現住所付近には創価学会の信者が非常に多く、何と3ブロックに分かれて活動しているそうだ。また、被告●●は原告宅南側私道に近い●●●●●西側の訴外金子(仮名)宅から集団でお題目を唱えている声を聞いたことがある。」と主張した。そうすると、2008年4月2日には、金子宅の門前に「売り出し 担当池田」なる看板が立てられていた。その後別のお宅が引っ越してこられた。

金子宅には、室内に防犯カメラが設置されていた(棟の写真乙第110号証)。私どもは、買い物時にはそのお宅の前の公道を何度も通行していた。そして、訴訟が提起された後は、往復ともに、必ずバイクや自動車が前後から何台も接触してきたから、その防犯カメラが悪用されていた可能性も否定できない。

引っ越せという嫌がらせ?
引っ越された一軒目は、同じ苗字を持つお宅が後から来ている。おびえたような奥さんらしい姿が目撃されているから、嫌がらせをされていたのではないかとも思われる。
私どもも、近隣に「天野」さんが2軒存在することから、誤配が絶えず、時間を奪われストレスを与えられている。のみならず、原告の妻宛の親展と明記された封書と葉書が2回も誤配されている事実、しかも、その日付が飲食店経営者宅が引っ越してきた丁度1年後、また、訴状送達の丁度2か月後とくれば、とても偶然とは思えない。
引っ越された二軒目は、私どもに創価学会員宅と見破られたことが原因であろうか。創価学会員宅と主張した2か月後に逃げるように引っ越さなければならないような悪いことでもされていたのだろうか?そう勘ぐりたくもなるような素早い引越しであった。
なお、金子宅に引っ越して来た家族は、なぜか表札を出していない。