掌中の珠2011/11/05 18:12

「掌中の珠」

青の太字をクリックしてください。写真などが表示されます)

温かいお蕎麦が美味しい季節になりました。

山菜蕎麦

蕎麦定食

軽井沢から東京に戻ったばかりのうちは、食器や食材の衛生ならびに食卓など総てを整えるまでにかなり時間が掛かりますので、取りあえず、お弁当もしくは外食に任せるより他にありません。

長野新幹線車中

腸の病が増悪した妻のベラにとって、この季節は、温かい食事が欠かせません。お蕎麦屋さんに入り、妻は、温かいトロロ蕎麦を、私は、温かい掛け蕎麦に単品で野菜天ぷらを注文しました。すると、温かい天つゆと大根おろしも2人分運ばれて来ました。

トロロ蕎麦

天ぷら

妻に、野菜天ぷらから選んでもらったかぼちゃを分けて、妻からは、私の蕎麦にたっぷりのトロロをかけてもらいました。このような行為は、夫婦や家族でなければ、なかなかできるものではないでしょう。互いに相手を慮って、自然に食事をし、それが日々の生活となっているのです。

ところで、何でも仕事(ビジネス)に結び付け「まだまだ稼げる」「もっと外へ」と、休むことを恐れて狂奔し続けている、『躁病』とも思えるお方がいらっしゃいます

そのお方は、最愛の前夫と「一緒に年を取りたかった」と未練がましく告白されているようですが、今なお同じ誤謬を繰り返されているようです。自分やお金以上に大切な、たったひとりの他人、つまり、人生において、迷いなく自分の時間と愛情をふんだんに注ぐことのできる「掌中の珠」を見つけられずにさまよう人は、誰よりも淋しく感じられます。他人に見せたいがために、哀れにも、自己満足の幸せ芝居をブログに毎日描き続ける行為は、徒花に終わることでしょう。

人生は、自然に、楽しく過ごすことが一番です。そのためにも、夫婦はいつも一緒にいることが大切です。「結婚」した以上、ともに食し、ともに休むことは大前提であり、言うまでもないことです。そして、生きること、つまり生活は、決して仕事、つまり、お金儲けを中心として存在するものではありません。また、生活の本拠である家庭も、仕事から解放された、寛ぎと癒しの場所であってほしいというのが男の本音であると私は考えます。

家庭での仕事は、意外に体力を消耗する重労働です。昨年秋から、体力のない妻のベラに代わって、私が主に夕食の調理を担当する毎日を続けておりますが、手間はまったく厭(いと)いません。

それは、妻は私の「掌中の珠」であり、他人任せには出来ないからです。

お金で他人を雇い、誰かに世話をしてもらうということでは夫婦とは言えず、愛情溢れる生活など画餅に過ぎません。

「人」という文字は、2画と少ない画数ながらも、ひとりひとりが互いにしっかりと支えあって成り立つことを示しているのではないでしょうか。一緒に年を取ることは、まさに「掌中の珠」と共に生きる喜びに満ちていることです。

-在日コリアン女性への訴訟-PART62011/11/19 19:36

-在日コリアン女性への訴訟-PART6 「答弁書」

青の太字をクリックしてください。写真等が表示されます)

 

水曜ミステリー松本清張特別企画・第3弾・「夫に愛人が?女性官僚が堕ちた罠…俳句に隠された密会の屋敷」と銘打った名取裕子主演の「聞かなかった場所」が11月16日放送されました。松本清張作だけあって流石に見応えがありました。

 

厚生福祉省に勤務する浅井恒子(名取裕子)の夫、英夫(伊藤洋三郎が突然死したが、亡くなったのは、恒子が聞いた事の無い場所、つまり、英夫の愛人、久保孝子(酒井美紀)の家だったというものです。


恒子が孝子に謝罪を要求すると、孝子は開き直り、最後には恒子を揶揄し、嘲笑とともに立ち去った。恒子は、しばし唖然としたが、自分が躓いて転んだ大きな石を持って孝子を追いかけ、その石で孝子の後頭部を殴打して殺しました。


死亡

「女が女を殺害するに至るまで」が、名取裕子と酒井美紀の大熱演によって、リアルに表現されていました。

 台詞を引用します。

厚生福祉省職員であり浅井恒子の元部下久保孝子:「僕は寂しいんだ。孤独なんだって近づいて来たのに同情したのが運の尽きよ。私があなたの代わりに、あの小説家崩れのくだらない愚痴聞いてあげて。一緒に食事してあげて。感謝されこそすれ、泥棒呼ばわりされる覚えはありませんけど」

厚生福祉省次長で近々局長に昇進する浅井恒子:「そんな言いぐさ……」

孝子:「浅井局長、お忙しいのは分かりますけど、そんな目ばっかり吊り上げて出世、出世なんて言ってたら、どんな男も寄り付かないわ。あ、ご主人、おっしゃっていましたよ。あいつはとっても下手だって……アハハハ、ハハ、アハハハハハ、アハハハ」

謝罪するどころか、面と向かって言葉の暴力と嘲笑を浴びせた結果、殺されてしまったのでした。

 

さて、今回は、在日女性に対する訴訟において、実質的答弁書とも言える被告準備書面を紹介します。この準備書面とは、すでに当ブログ-在日コリアン女性への訴訟-PART4 「裁判官忌避申立」で、「6月23日申立人ら宅に郵送され届いた準備書面1が実質的な答弁書となったので,訴状提出から実に3か月もの時間的猶予を被告側に与えた形となった。」と紹介したものです。

 

当訴訟では、在日女性(被告中川)が、同席している日本人女性(原告天野ベラ)の配偶者(私・原告天野コグ)に質問ならびに確認する形をとって、2度にわたり日本人である私ども夫婦を同時に深く傷つける侮辱的な言葉(本件発言①)を吐き、貶める内容が登場します。さらに、電話での通話中に暴言を吐く(本件発言②~23)内容も登場します(-在日コリアン女性への訴訟-PART1・訴状参照)。在日女性は、本件発言①について、「記憶にない」とお得意の嘘をつきましたが、裁判所は私どもの主張を認めました。さらに、原告天野ベラが、被告中川に対して、友人関係の円満な解消を求めて発言した具体的な内容について、「存在しなかった」と嘘をつき、私どもが証拠の録音テープを提出しても、嘘をつき続けました。

 これは、松本清張特別企画・第3弾のような結末になってもおかしくないケースだったのかも知れません。いかに我慢強く理性的な日本人女性であっても、過度の暴言に加えて、「おめでたいよねえ」と嘲笑までされれば、腸が煮えくりかえるでしょう。

在日コリアン女性は、黙ってこらえている日本人女性の内心を見透かして、執拗に怒りに火をつけて挑発してきます。そのうえ、腹黒く、計算高いうえに嘘がうまいとくれば、もはや手も足も出ません。まして、日韓弁護士協議会に所属し、ソウルで表彰までされた韓流弁護士鈴木利治氏をもバックに従えていますから、怖いものなしで、日本人の名誉感情をとことん傷つけることが可能となります。

 

以下は実質的答弁書です。

1頁目

2頁目

3頁目

4頁目

5頁目

6頁目

7頁目

8頁目

9頁目

10頁目

11頁目

12頁

13頁目

 

 


 

 



お断りには「作法」がある2011/11/27 22:21

お断りには「作法」がある

SNS(ソーシャル・ネットワーキング サービス)のひとつにミクシィがあります。昨年1月、ミクシィ会員である妻が、「同級生なら今すぐリクエストを」とのミクシィの呼びかけに応え、同級生の被告中川に対して、先に会員となっていた他の同級生たちと同じに「マイミクシィ(お友達)追加リクエスト」を送信したところ、被告中川からだけ拒否されました。それのみならず、被告中川のプロフィール頁へのアクセスも禁止されていたので戸惑ったそうです。しかも、妻をアクセス禁止にしておきながら、被告中川は、深夜、妻のトップぺージにアクセスしており、妻がログインするやいなや足跡を消して立ち去りました。もし、妻と被告中川が、面識のないネット上だけのお付き合いであったならともかく、両者の間には、一定の交友関係が存在しました。にもかかわらず、何の説明もなくこれら一連の失礼な行為を実行し、妻が中止を求めても、反復・継続してさらなる暴言を吐き、友人関係解消にあたっての約束も守ることなしに、妻を畏怖させる書状を執拗に送りつけ続けた被告中川に対して、私どもは訴訟を提起せざるを得ませんでした。

妻は陳述書(甲第32号証)に、「内心合わないと感じる人から何かリクエストされた場合,通常ならば相手を傷つけないように言葉を選んでやんわりお断りすると思いますが,被告は,成熟した大人のマナーやポライトウェイを学ぶ機会がなかったと思われます。つまり,被告に欠落しているのは『礼儀作法』であり,日本女性が『たしなみ』『心得』と呼ぶ大切な精神(甲第21号証)なのです。」と記述しています。

被告中川とは比較の対象にすらなりませんが、妻の同級生である寺尾のぞみさんは、私も面識がありますが、外見が可愛らしいうえに大変育ちの良いお金持ちのお嬢様だそうで、現在ニューヨークで活躍するまさに『セレブ』と呼ぶに相応しい人です。

ミクシィで妻が友人申請した3人の同級生は、被告中川以外の全員が承認しました。寺尾さんもそのひとりです。また、ミクシィには、「マイミクシィからの紹介文」を掲示するシステムがあり、お互いの紹介文を交換することができます。妻は、早速、寺尾さんについて紹介文を書き送信しました。すると、彼女から、どなたからであっても紹介文の掲示はしていないけれど、嬉しかった旨を伝える返信文(甲第21号証)が届きました。このように、悪意のない申し出に対しては、相手を傷つけたり、落ち込ませることがないよう配慮するのが大人のマナーであると思います。

寺尾さんからの返信

人品の違いと言ってしまえばそれまででしょうが、妻の同級生である寺尾さんが、温厚で、容姿も良く、経済的に恵まれていながら、決して偉ぶらず昔のままの謙虚さと可愛らしさを残しているのとはまったくもって対照的に、被告中川は、同窓会の主宰者であった妻に、自らアプローチしてきておきながら、再会後も、妻を利用すること、妻を傷つける言動しか残していません。

私ども夫婦の墓や私ども夫婦が所有しているサードハウスが、被告中川の住む団地に近いこともあって、妻は、被告中川を敵に回したくない一心から、低姿勢を貫いてきましたが、もはや我慢もここまでと、友人関係の円満な解消を求めました。ところが、被告中川は、妻の友人関係をきれいに解消したいとの申し出にまで抵抗し、嘲笑と暴言を繰り返して、最後まで妻を挑発し、約束すら守ることはありませんでした。

繰り返しますが、先にミクシィに入っていた同級生を見つけた妻が「マイミクシィ追加リクエスト」を送信して拒否された例はありません。妻の処女作「ルサンチマンは女の宿」も、被告中川だけでなく、寺尾さんを含む他の同級生の方々にもお贈りしています。処女作で妻は、被告中川とのいきさつについても考慮し、「心温まるエピソード」に仕立て直し、事実を脚色して描いているのです。

ところが、そんな妻の処女作に対してまで、ここぞとばかりに因縁をつけて責め立て、面と向かって反復・継続して暴言を吐いたのも被告中川だけなのです。つまり、妻のやることなすこと総てが、被告中川にとって癪の種であったのです。初対面の私に対して、被告中川が、2度にわたり納得のいかない暴言を吐くという失礼な言動を取ったことや、妻に対して度重なる罵詈雑言を浴びせたことは、妻や私の側に問題があるのではなく、被告中川家が現在もなお抱えている多大な住宅ローン(甲第3号証・登記簿謄本・家屋)から派生した被告中川のヒステリックな八つ当たりとしか考えられません。

以下は、ミクシィで妻に送られた紹介文(甲第25号証)です。被告中川は、妻に対する同級生からの著書に関するメッセージも気に食わなかったようで、社交辞令だよと嘲笑したうえ、素直に受けとめている妻を「おめでたいよね」と罵っていますが、同級生の方々にしても、「文章がうまいなあ」「最後まで引きつける力量はすばらしいですね」「こんな才能がおありになったこと」「こんな才能の持ち主だったとは」等などまったくのお世辞は書けないのではないでしょうか。マイミクシィさんの紹介文も、まるっきりの嘘ではないと思われます。なぜなら、息を吐くように嘘のつける被告中川とは違うと思うからです。


ミクシィからの紹介文

ミクシィからの紹介文

ミクシィからの紹介文