池澤春菜氏は、なぜ、オスカープロモーションを退社した?!2014/03/16 01:16

池澤春菜氏は、なぜ、オスカープロモーションを退社した?!

青の太字をクリックしてください。写真等が表示されます。)

 

 映画 プリキュアオールスターズ New Stage3 永遠のともだち」が、昨日2014315日(土)に公開された。

 

キャストとして、声優の野沢雅子さんと、女優の剛力彩芽さんが特別出演しているが、ゲスト出演者として、辻美優さんほか3名が出演している(写真)。

 

 だが、ゲスト出演者は、いずれも声優ではない。

 

 この4名は、2014126日に行われた「全日本美声女コンテスト」本選大会でグランプリを獲得した東京都出身の17歳(高校2年生)辻美優さん、準グランプリの東京都出身の15歳、高橋美衣さんと東京都出身の17歳、花房里枝さん、であり、インターネットによる一般人気投票で選ばれたマルチメディア賞受賞の山形県出身の21歳、吉村那奈美さんだ写真1写真2

 

 この「全日本美声女コンテスト」は、剛力彩芽さんをはじめ、米倉涼子さん、上戸彩さん、菊川怜さん、武井咲さんなど多くの美人女優やモデル、タレントを輩出している「オスカープロモーション」と、多くの有名声優が所属する「青二プロダクション」が、「女優の輝きと声優の魅力を併せ持つニュータイプのヒロイン」を発掘するため、新たに発足したという。

 

 そして、そのコンテストの募集要項は、応募期間: 201381()20131021()消印有効、応募資格: 1530歳までの美声と美貌を兼ね備えた新たなスターを目指す美声女と、なっていた(写真1写真2写真3)。

 

 オスカープロモーションが、新たなスターとして、女優と声優を併せ持つヒロインを発掘する、となれば、オスカープロモーションに所属していた声優であり女優を自認する池澤春菜氏にとって、声優を打ち出している池澤春菜氏の存在を、十分承知した上で、池澤春菜氏を差し置いたまま、事務所をあげて「美声女」との逸材を新たに探し出され、やがて出現することとなる。

 さすれば、「全日本美声女コンテスト」プロジェクトの発足を知ったその日から、表向きはどうあれ、池澤春菜氏は、心中穏やかではいられなかったのではないか?と、察する。

 

 しかも、応募資格の年齢制限は「30歳まで」と一般公開されており、お得意の根回しも、武器であるコネも効かないから、たとえ池澤春菜氏が奇を(てら)って応募しようとしたとしても、年齢制限にひっかかる仕組となっており、応募も出来ない。

 

 さらに、コンテストの「特別審査員」には、20121121日に、同じオスカープロモーション所属であったにもかかわらず池澤春菜氏が批判したことから、ツイッター謹慎処分を受けた相手方であり、2013114日から325日まで、フジテレビ系列で月曜日21:00 - 21:54(月9)に放送されたテレビドラマの『ビブリア古書堂の事件手帖』に主演していた女優の剛力彩芽さんが、菊川怜さんとともに含まれていた。

 

 

 池澤春菜氏が、ツイッターで、剛力彩芽さんを批判してから、謹慎処分に至るツイートは以下のとおり。

 

①ビブリア古書堂のドラマ化のニュースを知る。
栞子さんは……違うよね……
いや、同じ事務所だけどさ……
栞子さんは、もっとこう……
しょぼんω・`)

 

②(アニメ化の折には、

当方、栞子さんの声のご用意があります(`・ω´) 

皆様のイメージを損なわないと思います(`・ω´)

 

③怒られちゃった……

 

Twitter、しばらく沈黙しまぁす。皆様のつぶやきは拝見しているので、

楽しいこと、素敵なことあったら教えてねヽ( ´ ` )

お知らせごととかは、ブログをチェックしていただければ、と思います。

では。

 

 声優でありながら、池澤春菜氏が審査員として参加させられず、逆に、声優ではないにもかかわらず、池澤春菜氏が批判した同じオスカープロモーション所属の剛力彩芽さんが、女優の輝きと声優の魅力を併せ持つニュータイプのヒロイン「美声女」を発掘するための「全日本美声女コンテスト」に、特別審査員として選出された事実を、現実に突きつけられたならば、同じオスカープロモーションに所属していた池澤春菜氏にとって、針のむしろだったのでは?とも、察する。

 

 オスカープロモーションも利益を追求する企業である以上、所属声優である池澤春菜氏に対して、何がしかの通告をしてきたと思われるが、それらを悉く池澤春菜氏が拒否し続けた結果、池澤春菜氏の居場所を奪うための究極のリストラを突きつけたのではないか?と、推測される。

 

 ところが、池澤春菜氏は、2013127日のブログ記事で、「耳鼻科に行って聴力検査をしてもらったら、『低音障害型感音難聴』」として、あの、佐村河内氏と同じ感音難聴であったことを公開した(写真)。

 

 感音難聴が一時的なものであったにせよ、声優の生命線である聴力に難ありとの牽強付会な理由をもって、声優としての仕事が自分に回って来なかったことや、特別審査員の座を後輩に譲ったとも受け取れるような内容の記事を自ら公開して、所属事務所を去る前に、最後の反抗を表明したのでは?とも、受け取れる。

 

 

 実父が池澤夏樹氏、実祖父が福永武彦氏であることを全面に打ち出して活動せざるを得なくなった、「努力」の二文字が欠如した、アラフォー声優に、手を差し伸べる者は誰か?

 

答えは1つである。

 

しかし、ウィキペデイアによれば、池澤夏樹氏は、194577日に、福永武彦氏と原條あき子との間に誕生したが、1950、つまり夏樹氏が5歳の年に両親が協議離婚し、その後、夏樹氏を引き取った母が池澤喬氏と再婚したので、池澤姓を名乗った。

 

一方の、福永武彦氏は、離婚の3年後に、岩松貞子氏と再婚した。したがって、池澤春菜氏は、血縁上は、福永武彦氏は実の祖父であろうが、面識もなく、福永武彦氏は、実の息子である池澤夏樹氏との縁自体薄いものであった。

 

タイへの留学後、軽い鬱病になり、祖父からリハビリ代わりに芝居の勉強をしてはどうかと友人だった81プロデュースの南沢社長に預けられたのがきっかけ」とされている(写真)。

 

リハビリ代わりに芝居の勉強ができるとは到底思えないが、池澤春菜氏が、その程度の気持ちで、芝居の稽古に臨んでいたとすれば、女優の仕事が回って来なくて当然であると思った次第である。

 

軽い鬱病であったとの池澤春菜氏を、リハビリ代わりに芝居の勉強をしてはどうかとのことで、声優事務所に入れてくれたのは、池澤夏樹氏の育ての父親であった池澤喬氏による人脈の賜物であったとすれば、当時のご恩を忘れず、福永武彦氏の孫である事実や、平成5年から沖縄に移住し池澤春菜氏らの元を去り、6年後の平成11年に離婚に至った池澤夏樹氏の長女であることを喧伝して、新たな仕事にありつこうとすることなく、面識のあった祖父である池澤喬氏に感謝し、夢々、疎かにすることなどあってはならないであろう。