声優・池澤春菜氏の「日本SF作家クラブ」入会は秩序破壊?!2014/03/23 16:45

声優・池澤春菜氏の「日本SF作家クラブ」入会は秩序破壊?!

青の太字をクリックしてください。写真等が表示されます。)

 

日本SF作家クラブ」第16代会長であった瀬名秀明氏は、平成23年10月から2年間の任期を全うせず平成25年3月1日の総会において会長職を中途辞任し、同時に「日本SF作家クラブ」をも退会した。

 

この平成25年3月1日の総会で、いったい何事が起こったのか。

 

瀬名氏は、平成25年12月30日のブログ記事写真)においてこう述べている。

 

 「2012年(平成24年)の3月、すなわち大森さんの入会推薦がだめになった前後に『きみに読む物語』というSF短編を書いている。この時すでに私は会長を辞任し、クラブを退会することを決意していた。あとは時期の問題だけだった。

 
昨日のエントリーで、日本SF作家クラブにはふしぎな『不文律』があり、入会に際して一冊以上の単著があること』もそのひとつだと述べた。しかしよく調べれば、この『不文律』に当て嵌まらないのに入会している方々を見つけることもできるだろうイラストレーターや声優さんなどはどのように判断すればよいのだろうか
 
なんのことはない、日本SF作家クラブはこうしたとき『親睦団体』という大義名分を掲げ、自分たちの好きな人は入れ、そうでない人は弾く。『会則』や『不文律』は、そうしたときクラブにとって都合のいいように利用される、その場限りのいいわけに過ぎない。嫌いな人を弾くときには『会則』や『不文律』を持ち出し、好きな人を入れるときにはそれらを無視するだけのことだ。規則よりも『その場でみんながなかよくすること』という刹那性の方が重視されるに過ぎないのである。

 

前提条件となる不文律写真)とは下記のとおりである。

「ただしふしぎな『不文律』がある。プロとして一冊以上の単独著書があることが前提条件だというものだが、誰がいい出したのか定かではない。」

 

 

とすれば、瀬名氏が、会長職辞任のタイミングを、「日本SF作家クラブ」の創立50周年記念の年である平成25年の3月1日、すなわち、プロでもなく、一冊の著書(単著)もない「声優さん」の池澤春菜氏が入会を認められた日に決定したことは興味深い。

 

たとえ、すでに辞任を決意していたにしても、入会に際してプロとして一冊以上の単著があること』との『不文律』を破ってまで、声優・池澤春菜氏の入会が受理されたことに対して、瀬名氏が快く思っていなかったことは、誰であれ察するところだろう。

 

それは、瀬名氏が、「日本SF作家クラブ」はこうしたとき『親睦団体』という大義名分を掲げ、自分たちの好きな人は入れ、そうでない人は弾く、という批判を表明しているからだ。さらに、この総会では、1980年(昭和55年)に「日本SF作家クラブ」により創設された賞である日本SF大賞を創設から第33回(2012年)まで後援していた徳間書店が降板したことを発表した。

 

2013年で創立50周年を迎えた「日本SF作家クラブ」といえば、昔は由緒あるクラブだったようだ。

第4代会長・筒井康隆氏が、「もうあれから五十年になるんだなあ。SF作家クラブに入れてほしかったんだが、なかなか入れてもらえず、最初、会合に出た時はゲスト扱いだった。」と語っているように、過去の入会においては、高いハードルがあったようだ。

 

第5代会長・豊田有恒氏は、「日本SFの発祥の原点は、今から五十年以上も前、早川書房、東宝映画の共催による日本SFコンテストである。第一回、第二回と続いたコンテストで、多くの作家、いわゆる第一世代の日本SF作家が誕生した。(略)この二回のコンテストで、小松左京、光瀬龍、筒井康隆、眉村卓、半村良、平井和正(敬称略)など、いわゆる第一世代のSF作家が、そろってデビューしたことになる。御大星新一さんだけは、それ以前に、江戸川乱歩さんに認められて、デビューを果たしていた。星さんが、ひとまわり上の寅年で、同じ年の生まれに、松本零士、石ノ森章太郎、平井和正などがいる。また、昭和一桁の最後の九年生まれが、筒井康隆、眉村卓である。」と語っていたように、そうそうたるメンバーが揃っている。

 

第9代会長・永井豪氏は、「マンガ家である私が、『日本SF作家クラブ』に軌跡を刻めたことは、まさに奇跡だと思っている。35年前ほど前、故・小松左京さん、筒井康隆さんの推薦により、入会を認めてもらった。マンガ家としては、あの手塚治虫先生に継いで、二人目という栄誉、ファンである作家の方々との親しい交流。」と謙虚である。

 

池澤春菜氏が、2013年に入会してから、慌てて2014年に単著を1冊出版したところで、後出しジャンケンに過ぎず、「秩序破壊者」と言われても仕方がないであろう。

なぜ、単著を1冊出版した後で、正式に、入会の推薦を受けなかったのか、なぜ、今年まで待つことが出来なかったのか、甚だ疑問である。早速、創立50周年のイベント写真1写真2)に参加するためであったのだろうか。

 

池澤春菜氏が、プロの作家さんでも、プロの漫画家さんでもないことは周知の事実であるうえに、一冊の単著すらなかった。

にもかかわらず、「日本SF作家クラブ」の暗黙の規定であり、大前提であった『不文律』を破ってまで、「コネ」をゴリ押しし、「特別扱い」で、堂々と入会したのである。


瀬名氏は、平成25年12月28日のブログ記事写真)においてこう述べている。

 

「私の会長時代にクラブが50周年を迎えることを知り、メンバーひとりひとりに50周年で何をやりたいか訊いていった。みな大きな夢を語り、それは実に楽しい会となった。私が後に日本SF作家クラブ50周年記念プロジェクトの実行委員長も兼ねて、このプロジェクトで必ず2013年に日本SF&ファンタジーを盛り上げようと誓ったのは、この夜の楽しさがいつまでも心に残っていたからに他ならない。(ただし逆にいえば、それまで前会長と事務局は50周年に向けてほとんど何も準備をしていなかったということでもある。)」

 

穿った見方かもしれないが、この記事を読んで、「日本SF作家クラブ」は、瀬名氏に50周年記念プロジェクトの実行委員長として様々な面倒を掛けておきながら、結果として、プロジェクト実施の段になって瀬名氏は、実行委員長を次期会長東野司氏に禅譲したのであるから、さんざん準備をさせられただけで参加もせずに去った瀬名氏が気の毒だと思うのは私だけであろうか。

同席したくない、一緒にされたくないと感じる誰かが存在したのではないだろうか。

瀬名氏の会長辞任を早め退会までさせたのは誰のせいだったのか。

 

かつて「日本SF作家クラブ」が主催していた「日本SF新人賞」(1999年〜2009年)、「日本SF評論賞」(2006年〜)の2賞を休止した事実に象徴されるとおり、日本SF界は斜陽のようだ。

 

声優・池澤春菜氏は、日本SF界に喝を入れる存在となれるのか。

 

資格がないにもかかわらず入れてもらったとすれば、声優・池澤春菜氏は、ご恩返しとして、「日本SF作家クラブ」に貢献し、日本SF界の発展のために邁進するのが人の道であり、であろう。



コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
主宰は「天野コグ」ですか?
正解は「はい」です。

コメント:

トラックバック