声優の池澤春菜氏の母・池澤ショーエンバウム直美こと池澤直美氏の「陳述書」を検証するため情報開示請求をした結果わかったこと。2015/08/03 16:10

声優の池澤春菜氏の母・池澤ショーエンバウム直美こと池澤直美氏の「陳述書」を検証するため情報開示請求をした結果わかったこと。

 

池澤直美氏は、自身の「陳述書」で「仕事への悪影響も甚大です。」と題して「先日の世田谷区のように、一度声をかけてきておきながら、『今回は別の方にしましたので、また機会がありましたらお願い致します。』などとやんわりとお断りしてくる所もあります。」(496)と陳述している。

 

平成26515日付け「準備書面(5)」において、私たち夫婦は、以下のように反論した(236頁)。

 

ウ 「世田谷区のように,一度声をかけてきておきながら,『今回は別の方にしましたので,また機会がありましたらお願い致します。』とやんわりお断りしてくるところもあります。」との原告の陳述には,具体的な団体名を明記すべきであること

被告コグが世田谷区役所に問い合わせのため電話をすると,生涯学習・地域・学校連携課に回され女性の吉田氏(TEL番号:03-5432-2734)にご対応いただいた。平成24年乃至25年に,原告が教育委員会の補助金を交付されたことは無いとのことであったから,原告には,被告らが,原告の陳述内容が真実であるかどうかの調査に乗り出せるよう,仕事を断られたと陳述した団体名若しくは個人名を伝える(496義務がある。

 

ところが、池澤直美氏は、何ら反論することなく沈黙を押し通した。そこで、平成27424日、東京都世田谷区長に対して、池澤直美氏に関する情報開示を求めた。

 

「世田谷区が平成22年度から平成25年度までに講師として仕事をさせたことが分かるもの(対象:池澤ショーエンバウム直美若しくは池澤直美、日本オリーブオイルソムリエ協会又はプラティエス株式会社)」

 

すると、世田谷区から文書および行政情報非開示決定通知書が届いた。どういうことかと言えば、世田谷区は、池澤ショーエンバウム直美氏、池澤直美氏、日本オリーブオイルソムリエ協会、プラティエス株式会社と、講師としての仕事に関する契約を、締結していない、つまり、文書が存在しないという回答である。

 

原告は、世田谷区から「今回は別の方にしました」と言われたと陳述し、前回講師として仕事を依頼されていたとしているが、平成24年乃至25年に原告が教育委員会の補助金を交付されたことは無く、平成22年度から平成25年度までに、世田谷区長が関わる契約文書は存在しないことが明らかとなった。

 

となれば、民事訴訟において証拠となる陳述書に何を書いても良い筈がなく、原告の陳述書の内容に、被告らが疑義を指摘している以上、世田谷区が「今回は別の方にしましたので,また機会がありましたらお願い致します。」(496と原告に話したとの内容については、原告に立証責任が存在する。

 

なお、すでに拙ブログ(「本人訴訟」に対する「リーガルハラスメント」を許してはならない!No.5)では、池澤直美氏の「仕事への悪影響も甚大です。」と題して、「東京都中央区のシニア講座(電話内容の録音)および横浜共立学園ご父母のための講演会(電話内容の録音)への講師派遣の実質的中断」が、たとえ存在したとしても、私たち夫婦のブログ記事等との因果関係は存在せず、責任がない旨を公開していることを附言する。


他人が幸せそうに見えるかどうかを探る人物は幸せではない2015/08/06 21:25

他人が幸せそうに見えるかどうかを探る人物は幸せではない

 

平成23年(2011)年から私は気候の温暖な地で、温泉がひけて海の見える別荘物件を探していました。


 それは、第一に、妻が平成22年(2010)年8月、腸の重病で10日間入院したほか、それ以降もひんぱんに腸の病気で緊急搬送され点滴治療を受けたことからです。第二に、人間ドック受診の際、妻の腫瘍マーカー値が基準値を超えたことがあり、温泉で癌が治るとの広告を見て雑誌を買い記事を目にして、温泉に着目するようになったからです。第三に、避暑地で有名な軽井沢ですが、夏は短く、冷え症で寒がりの妻にとっては長い別荘滞在がかなわないからです。第四に、平成23年(2011)年3月11日に東日本大震災が勃発し未曾有の被害が発生したことから地震と津波などの自然災害に強い地を求めたからです。

 

ようやく、平成24年(2012年)7月、伊豆に希望した土地を購入出来ました。

庭にてコグ

満足している点を挙げると、第一に、気候が温暖で雪がほとんど積もらない。第二に、いつでも温泉を楽しめる。第三に、溶岩の地盤により地震に強い。第四に、海が臨めるが標高が高く津波の心配がない。第五に、世界遺産に登録されたばかりの富士山の眺望(写真1写真2写真3)を部屋に居ながらにして楽しめる。第六に、ゴミ収集車の到来がなく静かな環境。第七に、軽井沢同様小鳥やリス等小動物の訪問が楽しめる(写真1写真2)。第八に、最寄駅まで歩いて行ける。第九に、郵便局や大きなスーパーまで歩いて行ける。第十に、管理が行き届いた別荘地である。ということです。

 

 軽井沢も伊豆もどちらも大自然の森の中にあり理想的な土地です。伊豆の家は国立公園の中にありますから、静岡県知事の許可を得て建てており、どちらかと言いますと動植物の生息する中に人間が家を建て住んでいるといったような感じです。したがって、私たち人間の方がそれら動植物の仲間入りをして共生させてもらわなければなりません。

 

次は、家の新築です。間取りなどの設計は私が考案しました。テーマは、「軽井沢別荘の否定」です。 

 

設計のポイントは、第一に、「引き違い窓」の採用を辞めたことです。自然界の中に住まわせてもらうためには、都会には不必要ですが、そこに生息する物たちからの防御のための家づくりが必須です。窓は光や風を取りいれるため必須ですが、ガラガラと左右に引き開けることが出来る通常2枚以上のガラス戸を、それぞれ異なるレールで滑らせて開閉する「引き違い窓」は、下部の「戸車」と「レール」の間にどうしても「隙間」が出来るため、虫の侵入が防げないからです。第二に、書斎の窓を大きな「固定窓」とし、絵葉書を見るような眺望を楽しめるようにしたことです。海と富士山はもちろん、鳥・昆虫・飛行機、リスの電線上の綱渡り、などがよく見えます。妻は可愛いと喜んでおりますし作業中の私に休息を与えてくれます。第三に、「吹き抜け」の採用を辞めたことです。軽井沢の吹き抜けは見た目もよく広々とした空間を楽しめますが、空調が追いつきませんし、寒がりの妻にとってふさわしくありません。第四に、リビングに背を向けたキッチンを辞めたことです。会話をしたりTVを見ながら台所仕事が出来る「対面式キッチン」にこだわりました。第五に、老後の生活を楽しむため本棚とカラオケと卓球台の置ける趣味室を設けたことです。第六に、「バリアフリー」にしました。浴槽とトイレと玄関には「つかまり棒」を設置しました。風呂は車椅子でも入れる「3枚扉」を使用しました。第七に、床はすべて衛生的な板材にしました。第八に、一つの部屋の窓を弓型の「ボウウインドウ」を採用したことです。これは妻の希望を取りいれたもので、伊豆の家のアクセントとなり気に入っています。第九に、大きな浴槽です。当初は桧風呂にしようと考えて資料を取り寄せ、実際に木材を見たりもしましたが、常に水を張っていなければならないのであきらめて、温泉でもさびない「人造大理石」を採用しました。

 

設備のポイントは、第一に、オール電化です。オール電化割引があります。LPガスは使用しなくても基本料金がかかります。第二に、蓄熱暖房機の設置です。夜間の安い電力で熱を蓄め放熱してくれます。第三に、丈夫な琺瑯(ホーロー)の流し台と全自動食洗機です。東京と伊豆では「皿洗い」から解放されています。第四に、妻が夜間に階段から落ちるのを防止するために、フルオート便座のトイレを2階にも設置しました。殆ど妻専用です。東京には3つありますが、軽井沢には1階に1つしかないからです。第五に、快適な温泉生活のため、風呂場にナノイーを利用したカビ防止機能を付けたことです。カビ対策のための掃除が不要になりました。

 

流し台、食洗機、洗面台、トイレ、風呂、照明、壁紙については、幾つかのメーカーのショールームを訪問しました(写真1写真2)。色柄や機能などお値段と相談しながら選ぶ作業は時間がかかりました。妻は疲れるといいながらも、途中で休憩しながら、綺麗なショールームを訪問し見て回るのが好きと言って、特にキッチンと照明(写真1写真2)の選択を楽しんでいました。

 

また、壁紙(写真1写真2写真3写真4写真5写真6写真7写真8)とサイディングの選択は、妻に任せたため、かなり時間がかかりました。カーテンは、あまりにも遅いので、レース以外のカーテンは私が決めました。分厚いカタログの中から選ぶ作業は確かに大変ですが、迷いながら選ぶ楽しさがあるようです。妻はこの作業が大好きで、一番楽しかったと言っています。それは、新築やリフォームでなければこの楽しみが味わえないからでしょう。

 

このようにして、平成25年(2013年)、私たち夫婦は、私のこだわりの家、老夫婦でも住める家、特に妻が健康に留意して、のんびりと生活をすることのできる、都会から少し離れていながら、さほど不便ではない土地に、家を手にいれました。お互いの希望を取り入れてつくったこの家を、私たち夫婦は大変気にいっており、応訴以外に精神的苦痛はまったくなく、快適な生活を楽しんでいます。

 

私たち夫婦は、他の夫婦を羨ましいと思ったことは一度もありません。誰か他の人たちと比較して、あの人たちは幸せそうに見えるが、実際はどうかと探ったり、あの人たちよりも幸せだなどと思うこと自体、その人たちが幸せではないということだからです。

  

私は、現在の、ありのままの、夫婦二人が24時間一緒にいられる幸せをかみしめて、貴重な時間を大切にしながら、過ごしていきたいと思っています。




声優池澤春菜氏の母親・池澤ショーエンバウム直美こと池澤直美氏の原告訴訟代理人「法律事務所ヒロナカ」の弘中絵里弁護士から、基本的人権を放棄しろと言わんばかりの和解条項案が届きました。2015/08/19 01:55

声優池澤春菜氏の母親・池澤ショーエンバウム直美こと池澤直美氏の原告訴訟代理人「法律事務所ヒロナカ」の弘中絵里弁護士から、基本的人権を放棄しろと言わんばかりの和解条項案が届きました。

 

平成27年8月4日、午後1時29分、声優池澤春菜氏の母親、池澤ショーエンバウム直美こと池澤直美氏の原告訴訟代理人である「法律事務所ヒロナカ」の弘中絵里弁護士から、私たち夫婦が依頼している訴訟代理人弁護士宛てに、和解条項案(1頁目・送り状)が届きました。

 

被告ら訴訟代理人弁護士からは、同年8月11日、午後2時31分、「先日、原告訴訟代理人から和解条項案が届いていましたが、送付するのを失念しておりました。遅くなりましたが転送しますので、ご検討いただければ幸いです。宜しくお願い申し上げます。」との電子メールが届きました。

 

私たち夫婦に和解条項案が届いた経緯は、被告ら訴訟代理人弁護士の「報告書」(1頁目2頁目)によれば、計画審理によって進行中の平成27年7月7日の弁論準備期日において、「その後、原告訴訟代理人・弘中絵里弁護士から和解はどうかという話が出たので、当職(注:被告ら訴訟代理人弁護士)から『まず、そちらで条件を文章にして提示して欲しい。それを被告ら本人に見てもらった上で意見を述べるようにしたい』と述べました。弘中弁護士は、『現在も、被告らがブログを書き続けている』と述べて、『これを解決するためには和解が望ましいと考えている』と述べ、後日、当職宛てに条件を提示することになりました。なお、裁判長は、『私は和解は難しいと考えてはいるが、並行して期日外で協議してもらうのは、もちろん結構です』と述べました」と書かれており、さらに、同年7月30日の弁論準備期日の「報告書」(1頁目2頁目)によれば、「また、裁判長から、『和解の話はどうなっていますか』という質問があり、原告訴訟代理人弁護士の弘中弁護士の方から、『和解する意思があることには変わりはありませんが、当方から出す予定だった書面をまだ被告訴訟代理人に送っていなかったのでお送りするようにしたい』と述べ、裁判長から、『そちらはそちらで進めていただいて、報告していただければと思います』との話がありました。」との原告訴訟代理人並びに裁判長とのやりとりにあります。

 

和解条項案を見ますと、1及び2で、「天野ベラのブログ」、「天野ベラのホームページ」「kogchan blog」「YouTube」上に掲載されている原告及び原告の親族、原告の友人、原告の関係者、原告の代理人弁護士及び本件訴訟に関する全ての記述、写真、画像、動画を本和解成立後1ヶ月以内に削除する。3で、第1項および第2項以外に、原告及び原告の親族、原告の友人、原告の関係者、原告の代理人弁護士及び本件訴訟に関して公表した記述、写真、画像、動画があれば、それらを本和解成立後1ヶ月以内に削除する。4で、被告らは本件和解成立以後、原告及び原告の親族、原告の友人、原告の関係者、原告の代理人弁護士及び本件訴訟に関して一切の記述や写真、画像、動画の公表を行わない。5で、被告らは、本件和解成立以後、原告及び原告の親族、原告の友人、原告の関係者に対し、一切接触しない。6で、原告は、第1項ないし第5項が遵守されることを条件として、被告らに対する一切の請求を放棄する。7で、原告と被告は、原告と被告の間には、本和解条項に定めるもののほかに、何らの債権債務がないことを相互に確認する。8で、訴訟費用及び和解費用は各自の負担とする。*文言としては「和解成立後1ヶ月以内に削除」と書きましたが、実際には和解手続きを1回に分け、まず削除していただき、それが確認された後に請求放棄や清算条項を含めた最終的な和解をしたいと考えております。となっています。

 

この和解は、事前交渉を避け、無断で不正に住民票および妻と妻の父親の戸籍謄本をとり、妻の父母および私たち夫婦のプライバシーを侵害し、虚偽の事実をまき散らした訴状、陳述書を提出し、後半分を含めて総額6000万円もの請求をした声優池澤春菜氏の母親である池澤ショーエンバウム直美こと原告池澤直美氏の方から持ち出されたもので、被告とされた私たち夫婦から和解を持ち出したことは一切ない事実を、明確に公表しておきたいと思います。

 

この和解条項案は、私たち夫婦が本件訴訟の応訴に費やした膨大な時間と労力、すなわち2年間の生活、本人訴訟で闘ってきた私たち夫婦に対する裁判所のリーガルハラスメント、池澤ショーエンバウム直美こと池澤直美氏に対する債権すべてを白紙にし、未来永劫に亘って池澤直美氏が指名する総ての人間に対して、何も書くな、何もするなと命じる内容であり、明らかに私たち夫婦の基本的人権を奪うとともに、公序良俗に反しており、憲法違反の内容を含んでいると考えています。

 

さすがに、私たち夫婦の代理人弁護士も、この弘中絵里弁護士の和解条項案を、直ちに私たち夫婦に送信するのはためらわれたのでしょう。

1週間じっくり寝かせて送信していただきました。


声優の池澤春菜の母・池澤ショーエンバウム直美こと池澤直美氏提出の弘中絵里弁護士作成の「訴状」の虚偽の事実・捏造を公表します。2015/08/20 17:20


声優の池澤春菜の母・池澤ショーエンバウム直美こと池澤直美氏提出の弘中絵里弁護士作成の「訴状」の虚偽の事実・捏造を公開します。

(青の太字をクリックしてYouTube動画を聞いてください。 

  

声優の池澤春菜の母、池澤ショーエンバウム直美こと池澤直美氏は、本件訴状訴状26頁)で、「同月(平成18年11月)13日、被告天野ベラは、原告の取引先である有限会社ユニクックに架電して、『セミナー講師を頼んでいる池澤に仕事をさせるな。』(略)『水商売をしていた時の写真を送る。』『池澤には11月30日までに社会的に謝罪をさせろ。』『それがない場合は次の手段を講じる。』などと告げ」(訴状26頁)と陳述しています。

  

しかし、被告天野ベラが①「セミナー講師を頼んでいる池澤に仕事をさせるな。」②「水商売をしていた時の写真を送る。」③「池澤には11月30日までに社会的に謝罪をさせろ。」④「それがない場合は次の手段を講じる。」との内容を話した事実はありません

  

さらに、原告への人証申請(原告本人の尋問並びに反対尋問)は裁判所で不要と判断されています。したがって、原告本人に問い質すことも出来ないことから、原告の虚偽の陳述を暴くためには、6年以上も前の、有限会社ユニクックの小川祥子氏と天野ベラとの通話内容を、録音を探し、聞き、入力し、多大な時間と労力をかけて、裁判所に証拠(乙104の3・反訳書と及び声が保存されたDVDディスク)として提出しました。

  

しかし、訴状や陳述書に何を書いてもいい筈がなく、これを正し、「社会的に」との文言などと捏造する輩を懲らしめるためにも、裁判所に提出するだけでは不十分と考えて、妻が「池澤に仕事をさせるな」「社会的に謝罪させろ」等と発言していない事実を、「社会的に」公開することにしました。

  

拙ブログでは、今後更に、弘中絵里弁護士作成の「訴状」及び原告の「陳述書」(甲49)で陳述された虚偽や捏造を追及してまいります。

 


声優の池澤春菜氏の母親・池澤ショーエンバウム直美こと池澤直美氏と訴訟代理人・弘中絵里弁護士から住民票および戸籍謄本を不当に取得されました。2015/08/25 03:30

声優の池澤春菜氏の母親・池澤ショーエンバウム直美こと池澤直美氏と訴訟代理人・弘中絵里弁護士から住民票および戸籍謄本を不当に取得されました。

 

弁護士が「損害賠償請求事件の訴訟手続き代理の準備のため」と書けば、対立する相手方の個人情報の宝庫である戸籍情報が、いとも簡単に入手出来ることが分かりました(写真1写真2)。

 

池澤ショーエンバウム直美こと池澤直美氏からの本件名誉毀損事件において、何ら争点でないにも関わらず、訴訟代理人弘中絵里弁護士は、証拠説明書の立証趣旨欄に「被告ら(私たち)が夫婦であること」として戸籍謄本(甲14)、「妻の両親が亡くなった時期」として妻の両親の戸籍謄本(甲15)、妻と両親の「現在の住所地に住民票を移した日」として私たち夫婦の住民票(甲16)を不当に入手したのです。

 

私たち夫婦の住民票(甲16)や戸籍謄本(甲14)が、訴状とともに投げつけられて拙宅に届いた時、妻は、弘中絵里弁護士が、必要性もなく、不当な目的で、既に故人である妻の父親の戸籍(甲15)までたやすく取得した行為は、安らかに眠っている両親の墓を掘り起こすに値する狼藉行為であると強い憤りを露わにしました。池澤ショーエンバウム直美こと池澤直美氏は、お世話になった妻の両親を冒涜するにも程があるとの怒りを私も禁じ得ません。

 

私たち夫婦は、弘中弁護士らが池澤ショーエンバウム直美こと池澤直美氏の陳述書(甲49)の閲覧制限申立てた際に、弘中絵里弁護士に通知書を送付しています。

私たちが夫婦である事実については、池澤ショーエンバウム直美こと池澤直美氏の平成23年の誕生日にカードとともに夫である私ならびに妻および妻の亡き両親と愛犬コロちゃんという家族全員の写真を同封して、誕生日カード(資料第48号)を選んで自宅宛に郵送し、届いたとの知らせがありましたから、十二分にご存知の筈です。

 

また、妻の父が亡くなった時期が平成11(1999)年11月だということは「天野ベラのブログ」の平成24年1月24日付け記事から簡単に分かります。訴訟代理人弘中絵里弁護士の証拠説明書では作成日が平成23年1月となっておりますが誤りです(証拠説明書1頁目)。

 

1999年11月に父が亡くなり12月には愛犬のコロちゃんが天に召され,その後母までが急死したというお葉書を出した私の元には,口から口へと伝達してくださったのでしょうか,以前住んでいた町の方々や,業者さんといったごく浅い関係の御方も含めた多くのひとびとから,驚きと悲鳴に近い涙まじりのお声とともに,お悔やみの言葉,あたたかい励ましのお手紙,供花が次々と寄せられました。」(甲2の14

 

「私がこの葉書をお出しした多くの友人・知人」(甲7の1

 

妻の母がその年の大晦日に亡くなった事実についても妻は天野ベラのブログから何度も公開しており、葉書(乙40)まで掲載していますから、池澤ショーエンバウム直美こと池澤直美氏が実際に「天野ベラのブログ」を読んでいれば自ずとわかることなのです。

 

そもそも妻は乙40の葉書を、池澤ショーエンバウム直美こと池澤直美氏池澤ショーエンバウム直美こと池澤直美氏にも出しており、その事実を認めているのですから