声優の池澤春菜氏の母親・池澤ショーエンバウム直美こと池澤直美氏と訴訟代理人・弘中絵里弁護士から住民票および戸籍謄本を不当に取得されました。2015/08/25 03:30

声優の池澤春菜氏の母親・池澤ショーエンバウム直美こと池澤直美氏と訴訟代理人・弘中絵里弁護士から住民票および戸籍謄本を不当に取得されました。

 

弁護士が「損害賠償請求事件の訴訟手続き代理の準備のため」と書けば、対立する相手方の個人情報の宝庫である戸籍情報が、いとも簡単に入手出来ることが分かりました(写真1写真2)。

 

池澤ショーエンバウム直美こと池澤直美氏からの本件名誉毀損事件において、何ら争点でないにも関わらず、訴訟代理人弘中絵里弁護士は、証拠説明書の立証趣旨欄に「被告ら(私たち)が夫婦であること」として戸籍謄本(甲14)、「妻の両親が亡くなった時期」として妻の両親の戸籍謄本(甲15)、妻と両親の「現在の住所地に住民票を移した日」として私たち夫婦の住民票(甲16)を不当に入手したのです。

 

私たち夫婦の住民票(甲16)や戸籍謄本(甲14)が、訴状とともに投げつけられて拙宅に届いた時、妻は、弘中絵里弁護士が、必要性もなく、不当な目的で、既に故人である妻の父親の戸籍(甲15)までたやすく取得した行為は、安らかに眠っている両親の墓を掘り起こすに値する狼藉行為であると強い憤りを露わにしました。池澤ショーエンバウム直美こと池澤直美氏は、お世話になった妻の両親を冒涜するにも程があるとの怒りを私も禁じ得ません。

 

私たち夫婦は、弘中弁護士らが池澤ショーエンバウム直美こと池澤直美氏の陳述書(甲49)の閲覧制限申立てた際に、弘中絵里弁護士に通知書を送付しています。

私たちが夫婦である事実については、池澤ショーエンバウム直美こと池澤直美氏の平成23年の誕生日にカードとともに夫である私ならびに妻および妻の亡き両親と愛犬コロちゃんという家族全員の写真を同封して、誕生日カード(資料第48号)を選んで自宅宛に郵送し、届いたとの知らせがありましたから、十二分にご存知の筈です。

 

また、妻の父が亡くなった時期が平成11(1999)年11月だということは「天野ベラのブログ」の平成24年1月24日付け記事から簡単に分かります。訴訟代理人弘中絵里弁護士の証拠説明書では作成日が平成23年1月となっておりますが誤りです(証拠説明書1頁目)。

 

1999年11月に父が亡くなり12月には愛犬のコロちゃんが天に召され,その後母までが急死したというお葉書を出した私の元には,口から口へと伝達してくださったのでしょうか,以前住んでいた町の方々や,業者さんといったごく浅い関係の御方も含めた多くのひとびとから,驚きと悲鳴に近い涙まじりのお声とともに,お悔やみの言葉,あたたかい励ましのお手紙,供花が次々と寄せられました。」(甲2の14

 

「私がこの葉書をお出しした多くの友人・知人」(甲7の1

 

妻の母がその年の大晦日に亡くなった事実についても妻は天野ベラのブログから何度も公開しており、葉書(乙40)まで掲載していますから、池澤ショーエンバウム直美こと池澤直美氏が実際に「天野ベラのブログ」を読んでいれば自ずとわかることなのです。

 

そもそも妻は乙40の葉書を、池澤ショーエンバウム直美こと池澤直美氏池澤ショーエンバウム直美こと池澤直美氏にも出しており、その事実を認めているのですから



コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
主宰は「天野コグ」ですか?
正解は「はい」です。

コメント:

トラックバック