池澤春菜氏が声優になろうと思ったきっかけは、①~⑦のどれが本当!?2017/01/31 04:30

池澤春菜氏が声優になろうと思ったきっかけは、①~⑦のどれが本当!?

 

知ってた?女性声優が声になろうと思ったきっかけ写真と題するブログ記事によれば、池澤春菜氏が声優になろうと思ったきっかけは①「タイへの留学後、軽い鬱病になり、祖父からリハビリ代わりに芝居の勉強をしてはどうかと友人だった81プロデュースの南沢社長に預けられたのがきっかけ。」

 

ところが、2012年8月22日午後9時56分49秒の池澤春菜氏自身のツイートでは②「私は気がついていたらなっていたタイプなので、あまりこれぞ!!というきっかけはありませんでした

 

しかし、様々な記事には、それぞれ、次のように記載されている。

 

どれが本当なのだろう。

 

1996年1月10日「SPA」53頁では③「高2のころ留学先のタイで『ドラえもん』のアニメを見て、声優になる決心をしたんです」

 

声優アイドル (一部) 

1996年5月23日「スコラ」111頁では④「タイに留学していた頃に放映された『ドラエもん』を見て感動したという春菜ちゃん。アニメに関わっていきたいと考えるようになったらしい。」

 

2001年12月6日「女性セブン」では⑤「この業界にはいったきっかけは、映像関係の仕事をしている知り合いをたずねて撮影現場を訪れたときに、前事務所の社長に声をかけられたこと。『その日のうちに“キミはウチの所属だ”って』いわれたのが高校3年生の時。その後、現在の事務所に移籍し、いままで一貫して続けているのが、声優の仕事。』」

 

2014年6月1日「ブック・アサヒ・コム」では⑥「心のリハビリとして広告代理店でお手伝いしていたとき、ひょんなことからラジオや声優のオーディションを受け、現在に至っています。」

 

2015年10月25日号「クロワッサン」104頁では⑦「高校留学から帰国して、しばらく引きこもってたじゃない。で、外に出たほうがいいと勧められたので小さな広告代理店にお手伝いに行って、出入りしてた声優事務所の人に声を掛けられたの。そこからラジオのアシスタントとかテレビとかいっぺんにいろんな仕事が始まって。」

 

 ちなみに、①の祖父とは、福永武彦氏ではなく、池澤喬氏をさします。


コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
主宰は「天野コグ」ですか?
正解は「はい」です。

コメント:

トラックバック