被告として訴訟を提起されても訴状を堂々と公開しましょう!2016/01/11 15:37

被告として訴訟を提起されても訴状を堂々と公開しましょう!

 

訴訟を提起された場合、あまりにも虚偽の事実が散りばめられ、被告が恥ずかしいことをした等と記載されている場合が多いように見受けられます。なぜなら、原告が被告の悪性を疎明しようとして、証拠もないのに、被告が実行したと断定する書き方を羅列して、裁判官に認めさせようとし、裁判を有利に進めようとするからです。

 

このような場合、一見、被告は訴状をネット上にアップし公開することが憚られますが、実際には、公開することが原告および原告訴訟代理人を困らせると思っています。なぜなら、訴状をそのままの形で受け入れる閲覧者ばかりではないと思うからです。良識があり、公平で公正な立場で訴状を閲覧する方、訴状の中の虚偽の事実を直感的に悟られる御仁もいらっしゃると思うからです。

 

むしろ、積極的に訴状を公開し、嘘を暴くことが必要と考えます。なぜなら、弁護士の北村明美氏が主張しておられるように、「民事法廷では、うそをついても罰せられることは、ほとんどなく、上手にうそをついたほうをプロの裁判官が信用してしまうことがある。その結果、善良で他人を信用し、証拠をとらずに生きている一般の人たちは民事法廷で苦労する。」(写真記事)という事態を回避し打開してゆきたいと考えているからです。

 

正直者が馬鹿を見る現状を改善するには、上手に嘘を付いた者の嘘言や虚偽の事実が発覚するまで根気良く闘ってゆくことが必要です。

 

そのためにも、本日、訴状全文(101112131415161718192021222324252627282930)を必要な個所にマスクしながらも公開します。

  

訴訟記録等を公開していますので、こちらもご覧ください。

  

訴状01頁

訴状02頁

訴状03頁

訴状04頁

訴状05頁

訴状06頁

訴状07頁

訴状08頁

訴状09頁

訴状10頁

訴状11頁

訴状12頁

訴状13頁

訴状14頁

訴状15頁

訴状16頁

訴状17頁

訴状18頁

訴状19頁

訴状20頁

訴状21頁

訴状22頁

訴状23頁

訴状24頁

訴状25頁

訴状26頁

訴状27頁

訴状28頁

訴状29頁

訴状30頁




ありもしない会社や肩書をあるように見せかける人は、実力の伴わない人?2015/11/26 23:45

ありもしない会社や肩書をあるように見せかける人は、実力の伴わない人?

 

「孫正義」氏の発言(写真1写真2)をリツイートしている女性が前の月まで開設していた会社のホームページ(HP)が、平成27年11月に、サイト毎削除されました。

 

平成27年8月の時点で、HPの会社紹介ページには、会社の代表と表示されていました。

 

ところが、実際には、平成20年6月から、取締役で、代表ではありませんでした。

 

そして、平成24年3月には、韓国製レンズの輸入等を目的とする会社写真)に吸収合併され解散していました。

 

とすれば、少なくとも平成20年6月~平成27年8月までの7年以上に亘り、代表取締役でもないのに、世間一般を騙してそう見せかけていたことになります。

 

しかも、会社が解散した平成24年3月~平成27年8月までの3年半に亘り、会社が存在してもいないのに、会社が存在すると世間一般を騙してそう見せかけていたことになります。

 

数百万円を出せば、どこの誰であれ起業が可能で、代表取締役との耳触りの良い肩書を簡単に手に入れられますし、代表取締役との名刺を手渡す快感や優越感などの満足感も味わえるでしょう。

 

最近、私の身近に起こった例として、必要に迫られて、ある人の立場について確認した時、会社の代表取締役であることを認めるとの虚偽事実を回答し、前の月まで顔写真とともに「代表でござい」と公開していたHPが、サイト毎削除されていることを発見したかと思えば、突如として、会社を解散していた証明書をいきなり送りつけて来るという豹変ぶりを露呈させた人がいました。

 

「私の会社はあります」「私は代表です」と見せかける行為は、私には、理解することができません。

 

会社がなくなると同時に、断り書きとともに、HPもたたむべきで、会社もないのに、その会社名のHPの更新を続けることは経歴詐称行為にほかならないもので、架空の会社名や虚偽の肩書については、速やかに削除する義務があると思えてなりません。

 

「立つ鳥跡を濁さず」のことわざを知っていただきたいものです。

 

  肩書を詐称する者は論外ですが、誰に請われた訳でもなく、自ら起業家を買って出た者の中には、会社を廃業してなくなってからも、代表取締役との肩書が消滅してからも、世間一般には、その会社や肩書があるかの如く表示しておいて、オフィシャルサイトに削除・修正・更新等をせず、できる限り、廃業した会社や、消滅した肩書があると思わせようとする者もいます。
 

具体的には、自身のオフィシャルサイトのプロフィールに、1年以上も前に会社を廃業して存在しないのに、解散した日付けを表示せず、他者のHPにも氏名、会社名と代表取締役との肩書を残したままで、削除・修正・更新等の依頼をしない例がありました

 

現在は、私の指摘で解散した年月を加え写真)、他者のHPからも会社名と代表取締役のみならずその者の氏名まですべてが削除されて、消滅しています。

 

しかし、平成25年3月に廃業した会社が、2年7か月以上も経過した平成27年11月現在も、いまだに存続しているかの如く他者のHPに表示させたままにしている例(写真)もあります。

http://www.kaigai-shushoku.com/%E3%82%B9%E3%82%BF%E3%83%83%E3%83%95%E7%B4%B9%E4%BB%8B

 

このような例を発見して伝えたところで、何だかんだと理由を付けては削除・修正・更新等をせず、今も会社はあります、私は代表取締役ですと誤信させたままで通したいと思われますので、最後の例については、HPを運営する会社の代表取締役にも通報していません。

 

国には、解散したダミー会社(事業者内部の労働者が存在しない代表取締役ただひとりの会社)に関する「公益通報制度」を導入してもらいたいと考えます。

 

そして、通報を受ければ、国から、ダミー会社のひとり代表取締役であった者に対して、責任をもって、あらゆるURLから、存続しないダミー会社に関する概要及びプロフィール等の削除・修正・更新等を徹底させ、違反者には罰金を科してもらいたいと思います。

 

そうでもしなければ、ネット上に架空の会社や虚偽の肩書が蔓延する一途を辿るからです。

 

一般論ですが、会社や肩書を失くしても、未だ存在するかのように装う輩には、えてして、実力が伴わず、一度何かを得たが最後、絶対に手離さないというガメツイ者や、見栄っ張りが多いと思われます。

 

「先生」と呼ばれたいと思ったことはありませんが、中学生のころ勤勉だった私は、在日と思われる同級生の金谷君から(その当時は在日であることを意識してはいませんでしたが)「先生」と呼ばれていたことがありました。

 

また、アマチュア囲碁最高峰の八段位とインストラクターの資格を取得しておりますから、趣味の囲碁を教えれば自然と「先生」と呼ばれる立場でもありますが、いくつになっても、趣味等、することなすことを何でも仕事にして、お金に換え、世間一般に公開して誇示しようとすることはみっともない姿に私には見えますし、仕事をすべき時に、仕事に精勤し、与えられた業務に打ち込み、立場と肩書に自信と誇りを持っていた経験と実績がありますから、お手軽に、自分でつくれるような会社や、自称しているのと変わりのない肩書に、価値を見出すことはできません。

 

上智大学卒業後20年以上仕事を続けてきた私の妻である天野ベラは、独身時代社交家で「日本IBM株式会社 人事部門 秘書」の名刺を差し出す度に、皆さんから「はっ」とされたと語っていたことがあります。

 

ですが、IBM人事の秘書という名刺を差し出さずとも、妻は、存在そのものが周りをパッと明るくする雰囲気を醸し出していましたから、私は、名刺の会社や肩書で「はっ」とされたのではなくて、華やかなオーラがあったからではないかな?と伝えてあげました。

 

私たち夫婦は、人との約束を守り、嘘をつかず、応訴以外に腹を立てることもなく、現在の暮らしに満足し、ささやかなことに楽しみを見つけながら、静かに老後の生活を送っています。

 

それだからこそ、会社や肩書に、色目をつかわずにいられて、幸せと感じています。

声優の池澤春菜の母・池澤ショーエンバウム直美こと池澤直美氏提出の弘中絵里弁護士作成の「訴状」の虚偽の事実・捏造を公表します。2015/08/20 17:20


声優の池澤春菜の母・池澤ショーエンバウム直美こと池澤直美氏提出の弘中絵里弁護士作成の「訴状」の虚偽の事実・捏造を公開します。

(青の太字をクリックしてYouTube動画を聞いてください。 

  

声優の池澤春菜の母、池澤ショーエンバウム直美こと池澤直美氏は、本件訴状訴状26頁)で、「同月(平成18年11月)13日、被告天野ベラは、原告の取引先である有限会社ユニクックに架電して、『セミナー講師を頼んでいる池澤に仕事をさせるな。』(略)『水商売をしていた時の写真を送る。』『池澤には11月30日までに社会的に謝罪をさせろ。』『それがない場合は次の手段を講じる。』などと告げ」(訴状26頁)と陳述しています。

  

しかし、被告天野ベラが①「セミナー講師を頼んでいる池澤に仕事をさせるな。」②「水商売をしていた時の写真を送る。」③「池澤には11月30日までに社会的に謝罪をさせろ。」④「それがない場合は次の手段を講じる。」との内容を話した事実はありません

  

さらに、原告への人証申請(原告本人の尋問並びに反対尋問)は裁判所で不要と判断されています。したがって、原告本人に問い質すことも出来ないことから、原告の虚偽の陳述を暴くためには、6年以上も前の、有限会社ユニクックの小川祥子氏と天野ベラとの通話内容を、録音を探し、聞き、入力し、多大な時間と労力をかけて、裁判所に証拠(乙104の3・反訳書と及び声が保存されたDVDディスク)として提出しました。

  

しかし、訴状や陳述書に何を書いてもいい筈がなく、これを正し、「社会的に」との文言などと捏造する輩を懲らしめるためにも、裁判所に提出するだけでは不十分と考えて、妻が「池澤に仕事をさせるな」「社会的に謝罪させろ」等と発言していない事実を、「社会的に」公開することにしました。

  

拙ブログでは、今後更に、弘中絵里弁護士作成の「訴状」及び原告の「陳述書」(甲49)で陳述された虚偽や捏造を追及してまいります。

 


他人が幸せそうに見えるかどうかを探る人物は幸せではない2015/08/06 21:25

他人が幸せそうに見えるかどうかを探る人物は幸せではない

 

平成23年(2011)年から私は気候の温暖な地で、温泉がひけて海の見える別荘物件を探していました。


 それは、第一に、妻が平成22年(2010)年8月、腸の重病で10日間入院したほか、それ以降もひんぱんに腸の病気で緊急搬送され点滴治療を受けたことからです。第二に、人間ドック受診の際、妻の腫瘍マーカー値が基準値を超えたことがあり、温泉で癌が治るとの広告を見て雑誌を買い記事を目にして、温泉に着目するようになったからです。第三に、避暑地で有名な軽井沢ですが、夏は短く、冷え症で寒がりの妻にとっては長い別荘滞在がかなわないからです。第四に、平成23年(2011)年3月11日に東日本大震災が勃発し未曾有の被害が発生したことから地震と津波などの自然災害に強い地を求めたからです。

 

ようやく、平成24年(2012年)7月、伊豆に希望した土地を購入出来ました。

庭にてコグ

満足している点を挙げると、第一に、気候が温暖で雪がほとんど積もらない。第二に、いつでも温泉を楽しめる。第三に、溶岩の地盤により地震に強い。第四に、海が臨めるが標高が高く津波の心配がない。第五に、世界遺産に登録されたばかりの富士山の眺望(写真1写真2写真3)を部屋に居ながらにして楽しめる。第六に、ゴミ収集車の到来がなく静かな環境。第七に、軽井沢同様小鳥やリス等小動物の訪問が楽しめる(写真1写真2)。第八に、最寄駅まで歩いて行ける。第九に、郵便局や大きなスーパーまで歩いて行ける。第十に、管理が行き届いた別荘地である。ということです。

 

 軽井沢も伊豆もどちらも大自然の森の中にあり理想的な土地です。伊豆の家は国立公園の中にありますから、静岡県知事の許可を得て建てており、どちらかと言いますと動植物の生息する中に人間が家を建て住んでいるといったような感じです。したがって、私たち人間の方がそれら動植物の仲間入りをして共生させてもらわなければなりません。

 

次は、家の新築です。間取りなどの設計は私が考案しました。テーマは、「軽井沢別荘の否定」です。 

 

設計のポイントは、第一に、「引き違い窓」の採用を辞めたことです。自然界の中に住まわせてもらうためには、都会には不必要ですが、そこに生息する物たちからの防御のための家づくりが必須です。窓は光や風を取りいれるため必須ですが、ガラガラと左右に引き開けることが出来る通常2枚以上のガラス戸を、それぞれ異なるレールで滑らせて開閉する「引き違い窓」は、下部の「戸車」と「レール」の間にどうしても「隙間」が出来るため、虫の侵入が防げないからです。第二に、書斎の窓を大きな「固定窓」とし、絵葉書を見るような眺望を楽しめるようにしたことです。海と富士山はもちろん、鳥・昆虫・飛行機、リスの電線上の綱渡り、などがよく見えます。妻は可愛いと喜んでおりますし作業中の私に休息を与えてくれます。第三に、「吹き抜け」の採用を辞めたことです。軽井沢の吹き抜けは見た目もよく広々とした空間を楽しめますが、空調が追いつきませんし、寒がりの妻にとってふさわしくありません。第四に、リビングに背を向けたキッチンを辞めたことです。会話をしたりTVを見ながら台所仕事が出来る「対面式キッチン」にこだわりました。第五に、老後の生活を楽しむため本棚とカラオケと卓球台の置ける趣味室を設けたことです。第六に、「バリアフリー」にしました。浴槽とトイレと玄関には「つかまり棒」を設置しました。風呂は車椅子でも入れる「3枚扉」を使用しました。第七に、床はすべて衛生的な板材にしました。第八に、一つの部屋の窓を弓型の「ボウウインドウ」を採用したことです。これは妻の希望を取りいれたもので、伊豆の家のアクセントとなり気に入っています。第九に、大きな浴槽です。当初は桧風呂にしようと考えて資料を取り寄せ、実際に木材を見たりもしましたが、常に水を張っていなければならないのであきらめて、温泉でもさびない「人造大理石」を採用しました。

 

設備のポイントは、第一に、オール電化です。オール電化割引があります。LPガスは使用しなくても基本料金がかかります。第二に、蓄熱暖房機の設置です。夜間の安い電力で熱を蓄め放熱してくれます。第三に、丈夫な琺瑯(ホーロー)の流し台と全自動食洗機です。東京と伊豆では「皿洗い」から解放されています。第四に、妻が夜間に階段から落ちるのを防止するために、フルオート便座のトイレを2階にも設置しました。殆ど妻専用です。東京には3つありますが、軽井沢には1階に1つしかないからです。第五に、快適な温泉生活のため、風呂場にナノイーを利用したカビ防止機能を付けたことです。カビ対策のための掃除が不要になりました。

 

流し台、食洗機、洗面台、トイレ、風呂、照明、壁紙については、幾つかのメーカーのショールームを訪問しました(写真1写真2)。色柄や機能などお値段と相談しながら選ぶ作業は時間がかかりました。妻は疲れるといいながらも、途中で休憩しながら、綺麗なショールームを訪問し見て回るのが好きと言って、特にキッチンと照明(写真1写真2)の選択を楽しんでいました。

 

また、壁紙(写真1写真2写真3写真4写真5写真6写真7写真8)とサイディングの選択は、妻に任せたため、かなり時間がかかりました。カーテンは、あまりにも遅いので、レース以外のカーテンは私が決めました。分厚いカタログの中から選ぶ作業は確かに大変ですが、迷いながら選ぶ楽しさがあるようです。妻はこの作業が大好きで、一番楽しかったと言っています。それは、新築やリフォームでなければこの楽しみが味わえないからでしょう。

 

このようにして、平成25年(2013年)、私たち夫婦は、私のこだわりの家、老夫婦でも住める家、特に妻が健康に留意して、のんびりと生活をすることのできる、都会から少し離れていながら、さほど不便ではない土地に、家を手にいれました。お互いの希望を取り入れてつくったこの家を、私たち夫婦は大変気にいっており、応訴以外に精神的苦痛はまったくなく、快適な生活を楽しんでいます。

 

私たち夫婦は、他の夫婦を羨ましいと思ったことは一度もありません。誰か他の人たちと比較して、あの人たちは幸せそうに見えるが、実際はどうかと探ったり、あの人たちよりも幸せだなどと思うこと自体、その人たちが幸せではないということだからです。

  

私は、現在の、ありのままの、夫婦二人が24時間一緒にいられる幸せをかみしめて、貴重な時間を大切にしながら、過ごしていきたいと思っています。




日本オリーブオイルソムリエ協会顧問、声優?池澤春菜氏の母親、池澤ショーエンバウム直美こと池澤直美氏による、怖しい陳述書2015/07/01 01:30

日本オリーブオイルソムリエ協会顧問、声優?池澤春菜氏の母親、池澤ショーエンバウム直美こと池澤直美氏による、怖しい陳述書

 

池澤直美氏は、陳述書で「一度コグ氏(私)に実際に会ってもらえば,ベラさん(妻)から聞かされている池澤直美ではない,本当の池澤直美を知ってもらえるはずだ,と思ってしまいます。」(4919)と堂々と陳述して憚りません。

  

この陳述は怖ろしい内容です。

 

なぜなら、「この夫婦は幸せそうに見えて」(4919)と池澤直美氏が陳述したとおり、私たち夫婦が仲良く暮らしており、愛情による隙のない夫唱婦随ぶりを知った池澤直美氏が、「分断」させてやれ、「破壊」してやれと「攻撃」を企てている事実が色濃く見てとれるからです。

 

「のちに(前夫・池澤)夏樹氏とは,27年の結婚生活を円満解消し,無二の親友としての愛情を育む」(22)と公然と虚偽の事実を公開していた池澤直美氏が、訴訟中の対立当事者である私でさえも、一度会えれば,本当の自分を知らせられると自信たっぷりに豪語しているもので、巧みな口先を弄せば、私たち夫婦の仲をも引き裂けると言わんばかりです。

 

常に自分が一番であること、常に他人と比較して自分が優位に立とうとする池澤直美氏の姿勢にはまったく共感出来ません。他人より自分の方が幸福であると心の中でつぶやくのは構いませんが、幸せそうに見えるからといって実際に言葉の有形力を行使して、私たち夫婦の仲を破壊しようとしたり、不幸にしようと画策することは許されません。

 

度を超して強欲な人間には誰でも虫唾が走り、やがては逃げだすものです。それが異性であればなおさらでしょう。吝嗇も過ぎれば自分のことしか考えられない人間へと通じてゆくからです。

 

私は特に池澤直美氏がFOODEX(国際食品・飲料展)で,無料の試供品を求めて、持ち帰れず、郵送しなければならない程大量にもらい歩いて8袋にまでなった記事(89・1頁目,2頁目・「FOODEXに行ってきたよ」・201036日・池澤春菜氏のブログ)を読んで辟易しましたから、池澤直美氏と一度会ったとしても、だまされることはありません。

 

ご自分の言論(言葉)を、真実であると信じ込ませる自信がおありのようですが、行動で示された方が良いのではないでしょうか?

 

私と一度会いたいというのであれば、裁判所に来ればいいでしょう。そうすれば、裁判官らにも本当の池澤直美氏を知ってもらうことができるはずでしょう。

 

本当の池澤直美氏を知ってもらうために、妻も、私も、ブログを書いているのですから。