大張正己さん、戸ヶ崎葎さん、ご結婚おめでとうございます。2016/12/07 21:34

大張正己さん、戸ヶ崎葎さん、ご入籍ならびにご結婚おめでとうございます。

 

大張さんは、どなたかと事実婚されているとの情報が、平成24年3月13日、「元日本人」とのハンドルネームの者から、拙ブログに、投稿の形で知らされております。

 

すると、平成28年11月14日、とてもお若くて可愛らしいお方の、記念すべき23歳のお誕生日に、沖縄でご結婚されたと公開ことを知り、良かった!!と心からの祝福をしたいと思います。

 

末永くお幸せに!


他人が幸せそうに見えるかどうかを探る人物は幸せではない2015/08/06 21:25

他人が幸せそうに見えるかどうかを探る人物は幸せではない

 

平成23年(2011)年から私は気候の温暖な地で、温泉がひけて海の見える別荘物件を探していました。


 それは、第一に、妻が平成22年(2010)年8月、腸の重病で10日間入院したほか、それ以降もひんぱんに腸の病気で緊急搬送され点滴治療を受けたことからです。第二に、人間ドック受診の際、妻の腫瘍マーカー値が基準値を超えたことがあり、温泉で癌が治るとの広告を見て雑誌を買い記事を目にして、温泉に着目するようになったからです。第三に、避暑地で有名な軽井沢ですが、夏は短く、冷え症で寒がりの妻にとっては長い別荘滞在がかなわないからです。第四に、平成23年(2011)年3月11日に東日本大震災が勃発し未曾有の被害が発生したことから地震と津波などの自然災害に強い地を求めたからです。

 

ようやく、平成24年(2012年)7月、伊豆に希望した土地を購入出来ました。

庭にてコグ

満足している点を挙げると、第一に、気候が温暖で雪がほとんど積もらない。第二に、いつでも温泉を楽しめる。第三に、溶岩の地盤により地震に強い。第四に、海が臨めるが標高が高く津波の心配がない。第五に、世界遺産に登録されたばかりの富士山の眺望(写真1写真2写真3)を部屋に居ながらにして楽しめる。第六に、ゴミ収集車の到来がなく静かな環境。第七に、軽井沢同様小鳥やリス等小動物の訪問が楽しめる(写真1写真2)。第八に、最寄駅まで歩いて行ける。第九に、郵便局や大きなスーパーまで歩いて行ける。第十に、管理が行き届いた別荘地である。ということです。

 

 軽井沢も伊豆もどちらも大自然の森の中にあり理想的な土地です。伊豆の家は国立公園の中にありますから、静岡県知事の許可を得て建てており、どちらかと言いますと動植物の生息する中に人間が家を建て住んでいるといったような感じです。したがって、私たち人間の方がそれら動植物の仲間入りをして共生させてもらわなければなりません。

 

次は、家の新築です。間取りなどの設計は私が考案しました。テーマは、「軽井沢別荘の否定」です。 

 

設計のポイントは、第一に、「引き違い窓」の採用を辞めたことです。自然界の中に住まわせてもらうためには、都会には不必要ですが、そこに生息する物たちからの防御のための家づくりが必須です。窓は光や風を取りいれるため必須ですが、ガラガラと左右に引き開けることが出来る通常2枚以上のガラス戸を、それぞれ異なるレールで滑らせて開閉する「引き違い窓」は、下部の「戸車」と「レール」の間にどうしても「隙間」が出来るため、虫の侵入が防げないからです。第二に、書斎の窓を大きな「固定窓」とし、絵葉書を見るような眺望を楽しめるようにしたことです。海と富士山はもちろん、鳥・昆虫・飛行機、リスの電線上の綱渡り、などがよく見えます。妻は可愛いと喜んでおりますし作業中の私に休息を与えてくれます。第三に、「吹き抜け」の採用を辞めたことです。軽井沢の吹き抜けは見た目もよく広々とした空間を楽しめますが、空調が追いつきませんし、寒がりの妻にとってふさわしくありません。第四に、リビングに背を向けたキッチンを辞めたことです。会話をしたりTVを見ながら台所仕事が出来る「対面式キッチン」にこだわりました。第五に、老後の生活を楽しむため本棚とカラオケと卓球台の置ける趣味室を設けたことです。第六に、「バリアフリー」にしました。浴槽とトイレと玄関には「つかまり棒」を設置しました。風呂は車椅子でも入れる「3枚扉」を使用しました。第七に、床はすべて衛生的な板材にしました。第八に、一つの部屋の窓を弓型の「ボウウインドウ」を採用したことです。これは妻の希望を取りいれたもので、伊豆の家のアクセントとなり気に入っています。第九に、大きな浴槽です。当初は桧風呂にしようと考えて資料を取り寄せ、実際に木材を見たりもしましたが、常に水を張っていなければならないのであきらめて、温泉でもさびない「人造大理石」を採用しました。

 

設備のポイントは、第一に、オール電化です。オール電化割引があります。LPガスは使用しなくても基本料金がかかります。第二に、蓄熱暖房機の設置です。夜間の安い電力で熱を蓄め放熱してくれます。第三に、丈夫な琺瑯(ホーロー)の流し台と全自動食洗機です。東京と伊豆では「皿洗い」から解放されています。第四に、妻が夜間に階段から落ちるのを防止するために、フルオート便座のトイレを2階にも設置しました。殆ど妻専用です。東京には3つありますが、軽井沢には1階に1つしかないからです。第五に、快適な温泉生活のため、風呂場にナノイーを利用したカビ防止機能を付けたことです。カビ対策のための掃除が不要になりました。

 

流し台、食洗機、洗面台、トイレ、風呂、照明、壁紙については、幾つかのメーカーのショールームを訪問しました(写真1写真2)。色柄や機能などお値段と相談しながら選ぶ作業は時間がかかりました。妻は疲れるといいながらも、途中で休憩しながら、綺麗なショールームを訪問し見て回るのが好きと言って、特にキッチンと照明(写真1写真2)の選択を楽しんでいました。

 

また、壁紙(写真1写真2写真3写真4写真5写真6写真7写真8)とサイディングの選択は、妻に任せたため、かなり時間がかかりました。カーテンは、あまりにも遅いので、レース以外のカーテンは私が決めました。分厚いカタログの中から選ぶ作業は確かに大変ですが、迷いながら選ぶ楽しさがあるようです。妻はこの作業が大好きで、一番楽しかったと言っています。それは、新築やリフォームでなければこの楽しみが味わえないからでしょう。

 

このようにして、平成25年(2013年)、私たち夫婦は、私のこだわりの家、老夫婦でも住める家、特に妻が健康に留意して、のんびりと生活をすることのできる、都会から少し離れていながら、さほど不便ではない土地に、家を手にいれました。お互いの希望を取り入れてつくったこの家を、私たち夫婦は大変気にいっており、応訴以外に精神的苦痛はまったくなく、快適な生活を楽しんでいます。

 

私たち夫婦は、他の夫婦を羨ましいと思ったことは一度もありません。誰か他の人たちと比較して、あの人たちは幸せそうに見えるが、実際はどうかと探ったり、あの人たちよりも幸せだなどと思うこと自体、その人たちが幸せではないということだからです。

  

私は、現在の、ありのままの、夫婦二人が24時間一緒にいられる幸せをかみしめて、貴重な時間を大切にしながら、過ごしていきたいと思っています。




掌中の珠2011/11/05 18:12

「掌中の珠」

青の太字をクリックしてください。写真などが表示されます)

温かいお蕎麦が美味しい季節になりました。

山菜蕎麦

蕎麦定食

軽井沢から東京に戻ったばかりのうちは、食器や食材の衛生ならびに食卓など総てを整えるまでにかなり時間が掛かりますので、取りあえず、お弁当もしくは外食に任せるより他にありません。

長野新幹線車中

腸の病が増悪した妻のベラにとって、この季節は、温かい食事が欠かせません。お蕎麦屋さんに入り、妻は、温かいトロロ蕎麦を、私は、温かい掛け蕎麦に単品で野菜天ぷらを注文しました。すると、温かい天つゆと大根おろしも2人分運ばれて来ました。

トロロ蕎麦

天ぷら

妻に、野菜天ぷらから選んでもらったかぼちゃを分けて、妻からは、私の蕎麦にたっぷりのトロロをかけてもらいました。このような行為は、夫婦や家族でなければ、なかなかできるものではないでしょう。互いに相手を慮って、自然に食事をし、それが日々の生活となっているのです。

ところで、何でも仕事(ビジネス)に結び付け「まだまだ稼げる」「もっと外へ」と、休むことを恐れて狂奔し続けている、『躁病』とも思えるお方がいらっしゃいます

そのお方は、最愛の前夫と「一緒に年を取りたかった」と未練がましく告白されているようですが、今なお同じ誤謬を繰り返されているようです。自分やお金以上に大切な、たったひとりの他人、つまり、人生において、迷いなく自分の時間と愛情をふんだんに注ぐことのできる「掌中の珠」を見つけられずにさまよう人は、誰よりも淋しく感じられます。他人に見せたいがために、哀れにも、自己満足の幸せ芝居をブログに毎日描き続ける行為は、徒花に終わることでしょう。

人生は、自然に、楽しく過ごすことが一番です。そのためにも、夫婦はいつも一緒にいることが大切です。「結婚」した以上、ともに食し、ともに休むことは大前提であり、言うまでもないことです。そして、生きること、つまり生活は、決して仕事、つまり、お金儲けを中心として存在するものではありません。また、生活の本拠である家庭も、仕事から解放された、寛ぎと癒しの場所であってほしいというのが男の本音であると私は考えます。

家庭での仕事は、意外に体力を消耗する重労働です。昨年秋から、体力のない妻のベラに代わって、私が主に夕食の調理を担当する毎日を続けておりますが、手間はまったく厭(いと)いません。

それは、妻は私の「掌中の珠」であり、他人任せには出来ないからです。

お金で他人を雇い、誰かに世話をしてもらうということでは夫婦とは言えず、愛情溢れる生活など画餅に過ぎません。

「人」という文字は、2画と少ない画数ながらも、ひとりひとりが互いにしっかりと支えあって成り立つことを示しているのではないでしょうか。一緒に年を取ることは、まさに「掌中の珠」と共に生きる喜びに満ちていることです。

美しい言葉・醜い言葉2011/10/16 00:06

美しい言葉・醜い言葉

青の太字をクリックしてください。写真等が表示されます)

平成16年4月20日、私たち夫婦は、18時30分にヴァン・クリーフ&アーペルの展示会兼食事会が開催される「シェ松尾青山サロン」を訪問する前の20分間、妻の同級生で国連大学職員の須藤さんの元へ立ち寄りました。須藤さんは、私と初対面の挨拶を交わし、妻に、例え社交辞令であったとしても、私たち夫婦のことを「幸せそうね」と、にこやかに褒めてくれました。

翌日、須藤さんから妻(天野ベラ)宛にメールが届きました。私たち夫婦のことを、周りの人が「絵に描いたようなご夫婦」と言っていたとか。「NPOには綺麗な人が多いから、最初、NPOの人が入ってきたのかなと思った」とも伝えて、例え社交辞令であったとしても、妻を喜ばせてくれました。また、須藤さんは、妻が贈った著作について、下記のような感想をくださってもいます。

No.2昨日遅く帰りましたら、本が届いていました。お体の悪いところを、大変だったと思います。ありがとうございました。昨夜、一気に拝読させていただきました。とんちんかんな感想かもしれませんが、まず、お母様の美しいのに驚きました。あれ?天野?と思ったのですが、背景や写真の感じが今とは違うのでよく見ると、お母様なのですね。絶世の美女ですね。美しいだけでなく、本文に書いてあるようなきめ細かい子育てへの心遣いを持った方のようで、そのお母様をまた、娘としてとても大事にしていたのですね。 もうひとつは、文章がうまいなあ、ということです。処女作とは思えません。こんな長い文は書いたことがないので、大変なお仕事であったと思います。 それから、上智大学を次席で卒業されたというのも初めて知りました。同級生のその後については全然知らないので失礼しました。私も広い海へ出てみたいと、一度は大学受験を目指しましたが、最後にはそこまで努力しなくても大学に推薦でいかれる、という甘い誘惑に負けました。付属校の中で大学受験に成功するのは並大抵の努力ではないと思います。 いろいろな思いを持って読ませていただきましたが、その中から三つの感想を、とりあえずお送り致しました。とにかく、今はお体を大切に。お互い、決して決して若くはないのですから、ムリは禁物です。(自戒を込めて)。(東京都・S様)」(皆様からのメッセージ1頁)


須藤さんは、大学時代、広告研究会に所属しており、「立教のモナリザ」と言われていたそうですから、本当に綺麗な女性は、余裕をもって、相手のことも綺麗な人と素直に言えるのでしょう。

それに対して、同じ立教大学を卒業していても、同じ妻の著作を読んでも、同じ私たち夫婦を見ても、同じ心遣いや優しさを妻や私から示されても、“心の醜い女性”は、当然のように感謝はなく、相手を褒めるどころか、あら探しをして侮辱するだけなのです。

妻は、学生時代から、誰のことであれ、美点を見つけて惜しまずに褒めてきたそうです。妻の同級生で(私と結婚するまで)大親友だったIさんも、妻について「人の悪口を言わない」「いろんなことがあったのも妻の著作を読んで分かった」と伝えてきているのです。(写真下

天野ベラと高校時代の親友


余談ですが、花をイメージしたヴァン・クリーフのチョーカーとイヤリングを、展示会から3か月後の7月に購入しました。(写真下

ヴァン・クリーフ&アーペルのチョーカーとイヤリング

 

また、その昔、妻がご自宅にもお呼ばれし、撮影やドライブ、食事、カラオケにも同行するなど、何かと親しくお付き合いをしていた、女優の山咲千里さんは、忙しい合間に、手紙で妻にお礼を書かれています。(写真下

人間の資質によって、お礼への対応にも落差があります。

お返しができない人は、「欠食児童が何人もいるから食べ物は大歓迎」などと言っては、調子良く物をもらっておきながら、感謝の言葉も手紙も書かない、ありが たいどころか、後ろ足で砂をかけます。それどころか、「今後一切私と関わるな」などと、内容証明郵便3通とその受取を強要する普通郵便1通を送り付けるに 至っては、同じ女性でもこうも違うものかと品性を疑わずにいられません。

 美しい女性は相手にも美しい言葉をかけて、綺麗な品物を贈る。醜い女性は相手にも醜い言葉をぶつけて、自分のセールスに結びつき、得をするため試供品を贈る。女性の美醜は、言葉や贈り物から判断することができると悟りました。

山咲千里さんからの葉書

山咲千里さんからの葉書

山咲千里さんからの葉書

山咲千里さんからの葉書

山咲千里さんからの手紙

山咲千里さんからの手紙

山咲千里さんからのお届け伝票

山咲千里さんからの手紙

山咲千里さんからの手紙

山咲千里さんからの手紙の封筒(表)

山咲千里さんからの手紙の封筒(裏)

山咲千里さんからの手紙

山咲千里さんの名刺(表)

山咲千里さんの名刺(裏)

山咲千里さんからの手紙の封筒(表)

山咲千里さんからの手紙の封筒(裏)

山咲千里さんからの葉書

山咲千里さんからの葉書

山咲千里さんからの手紙

山咲千里さんからの手紙の封筒(表)

山咲千里さんからの手紙の封筒(裏)

山咲千里さん


老人男性は来るな?3回目のプレゼントは対象外!2011/06/08 22:52

老人男性は来るな?3回目のプレゼントは対象外!
青の太字をクリックしてください。写真などが表示されます)

 妻がAVEDAのファンだったことから、夫婦で通っていたため、「AVEDA南青山店7周年記念プレミアムキャンペーン」が3月1日(火)~5月31日(火)の間に展開され、妻と私それぞれにダイレクトメール葉書2枚が届きました。
 
 葉書には、アヴェダから3つの贈り物として、「大切なお客様だけにお届けする特別なキャンペーンです。」「ただし、3回目のプレゼント『スパ体験』は南青山店のみでお受けいただけます。」と書かれていました。
1回目のプレゼントは、葉書と引き換えにトートバッグ(写真)とキャンペーンチケット(スタンプカード)、2回目のプレゼントは、AVEDA製品の購入でサンプルとされていました。
トートバッグ
 
 そこで、私は、早速3月13日(日)に1回目のプレゼントであるトートバッグ(写真上)2個とキャンペーンチケット2枚を入手しました。そして、妻は、AVEDA商品を購入することによって得られる2回目のプレゼントとして、チケットに書かれているスムージングボディポリッシュのプレゼント(またはローズマリーミント ボディローション(トラベルサイズ))を、そして、1万円以上の商品をそれぞれ購入することによって得られる3回目のプレゼントとして、チケットに書かれている、未体験のフットトリートメント(フェイシャルも選択可)を、妻も私も楽しみにしてきました。
 
 ところが、5月14日(土)、2回目の店舗訪問時に、8,715円分の商品を購入した妻は、「スムージングボディポリッシュ」を希望しましたが、在庫切れとのことで「スムーズインフュージョンスタイルプレップスムーサー」を頂きました。葉書には「プレゼントはいずれも数に限りがありますのでどうぞお早めに」と書かれていたことがわかりましたが、このダイレクトメール葉書は、3月13日にチケットと引き換えに手渡してしまっていて手許にはなかったため、チケットにも記載しておいていただきたかったです。また、「大切な客だけ」に2品の名を明記して選ばせるのであれば、その2品は、客の人数分くらいの在庫を用意すべきではないかなとも思いました。
 
 そして、キャンペーンの最終日であることを思い出した私は、5月31日(火)、滑り込みセーフで入店。13,650円と11,550円の商品を購入し、3回目のプレゼントの権利を入手して、妻から喜ばれました。
 
 同日、「キャンペーンの予約をお早めに」と店員さんに言われた私は、ご指示に従って、早速6月1日に、AVEDA南青山店に『スパ体験』の予約の電話を入れました。すると、男性はフットトリートメントもフェイシャルトリートメントも対象外だったことがわかりました。男性ヘッドスパ又はヘッドのクレンジングしかないとのことでがっかり。紋切り型で言われてしまっただけに、どうすることも出来ませんでした。
 
 「特別なキャンペーン」として案内されましたが、一体何が特別なのかわかりませんでした。私はヘッドスパ80分コースを過去に2回受けていますし、ヘッドのクレンジングも、このサービスが導入された当日の5月1日(日)に受けましたから、今回、有無を言わさずヘッドスパを選ばざるを得ず、新しいスパ体験とはなりませんでした。
 
 キャンペーンならではの特典として、今まで受けたことのないトリートメントを受けられると認識しておりました。AVEDAとしても、販売促進として、客が未体験のスパを体験させるほうが、理にかなっているのではないでしょうか。ヘッドスパやヘッドのクレンジングならば、既に受けたことがあったのですから、これまで通り、定期的に有料で受ければ良いわけで、キャンペーンで手に入れることもなかったのです。
 
 なんのことはありません。男女とも「フェイシャルトリートメント」及び「フットトリートメント」がオプションメニューとしてパンフレットに記載されてはいるものの、このキャンペーンでは、<女性はどちらも無料スパ体験OK,男性はどちらも無料スパ体験NO!>という男女間差別的な取扱いがなされたということです。キャンペーンチケットは男女共通でありながら、実質的には女性専用だったのです。
 
 でも、現代社会において、ことに米国に本社があるAVEDAにおいて、男女差別を助長する、このような女性偏重の待遇は考えられません。したがって、意図的に、私のような老人男性の顧客を締め出そうとするものではないでしょうか。若い男性やイケメン?の男性であれば体験可能ではないかとの疑念も頭をよぎります。
 
 つまり、チケットに書かれているフットトリートメントの体験を目指して、夫婦で36,540円分の商品を購入してきたのに、いざ予約すれば、「どちらの体験もできない」と平然と言われては、男性の私にとって、表示内容に問題があったとしか思えません。オペレーションマネジャーさん曰く「私どもには落ち度がない」というのは、如何なものでしょうか。
 
 ところで、独身時代、スパ通いが趣味だった妻は、ホテルオークラやフォーシーズンズホテルや伊勢丹ビューティパークに入店している、ゲラン、クレドポー、コスメデコルテ、資生堂、マリコールやVILTサロン等の多くのサロンで施術を受けた経験があり、「アヴェダのスパもきっと素晴らしいに違いない」と体験を楽しみにしていました。私も妻の薦めで、クラランスで男性用化粧品の無料体験を受け、カリスマエステティシャン”ローズマリーカスターノ”女史から美容液を塗ってもらい、額に浸透させてもらいました。ローズマリー女史の手の大きさと厚み、そして力強い感触が印象的で、男性用アイクリームを購入した経験があります。
 
 妻の発言で、スパへの私の期待も高まり、妻の同級生から受けた多大なストレスを解消しようと、二人で楽しくフットトリートメントを体験することを目指していただけに、「男性はフットトリートメント(フェイシャルも)を受けられない」との説明を受け、残念でした。しかも、このキャンペーン期間中、私が毎回チケットを差し出していたのに、商品の購入時には、店員さんから「3回目のプレゼントは女性専用で、男性は対象外です。書かれているサービスを男性が受けることは出来ません」といった説明は一切ありませんでした。
  
 「大切なお客様だけにお届けする特別なキャンペーンです。」と書かれてはおりますが、私は大切なお客様ではなく、私にとっても特別なキャンペーンではなかったことがわかりました。
体調の悪い妻は、ヘアサロンで、カットやカラー、パーマを施術される担当者の方に、空調の加減やひざ掛け2枚、地肌へのオイル塗りなど気を配っていただき、会話も楽しく、ストレス解消になっていたようです。

 ヘアサロンのスタッフの方々が高い技術を持ち、顧客に癒しを与えようと笑顔で頑張っておられるのに、会社の販売方法がこのようなお粗末さで顧客の信頼を失っては本末転倒ではないかと思います。