悪い在日朝鮮・韓国人は完全無視するに限ります2011/08/17 17:17

悪い在日朝鮮・韓国人は完全無視するに限ります

―通名や特徴などを研究・把握しましょう―

青の太字をクリックしてください。写真等が表示されます)

有名女優の夫である俳優が、フジテレビは韓流番組の放映が多いから見ないとツイッターでつぶやいたことから、所属事務所を退社させられ、俳優生命も危ういとの報道が過熱していました。

しかし、もはや事はフジテレビだけでは済まないでしょう。マスコミすなわち放送界のみならず、法曹界においても、朝鮮・韓国人およびその子孫が日本での支配を虎視眈々と狙ってきたことを、私ども夫婦は身をもって体験しました。さらに、企業において、他人を押しのけがむしゃらにトップに上りつめた役員には、朝鮮・韓国の出自をもつケースが多いことも確認しています。 

そして、自由かつまっとうな発言すなわち、朝鮮・韓国批判もしくは在日朝鮮・韓国人であるとは知らずにその人間の発言や態度について批判すれば、それがいかに小さな発言であっても、たとえ真実であったとしても、否、真実であればあるほど、在日朝鮮・韓国人は、直ちに集団を形成し、寄ってたかってその発言者に強い圧力を加え抹殺にかかります。企業におけるその形態は、かつての日本に存在しなかった「パワー・ハラスメント」であり、「セクシャル・ハラスメント」であり、ひいては「リストラ」なのです。

身体を壊し退職を余儀なくされても、その先に、思いもよらない「近隣トラブル」が待ちかまえていることがあります。無職で暇を持て余した在日朝鮮・コリアン一家が、発言者が住む一軒家の隣に引っ越して来て、住環境を悪くさせ、何かと因縁をつけてきます。生活保護受給者の在日朝鮮・コリアンも助っ人として引っ越して来て、日本人苛めに進んで加担します。強引にトラブルを仕掛けて、ターゲットである発言者を消耗させ、憔悴させる目的を果たしたところで、在日朝鮮・コリアン一家は引っ越して行きます。 

日本人は、自由闊達な意見やまっとうな発言をする機会を奪われたうえ、歩み寄りや相互理解を求めたところで、「問答無用!」「理由を言う必要などない!」との過激な対応により話しにならず、何もわからないまま、ただ、在日朝鮮・コリアンらの要求がまかりとおってしまうというヤクザじみた日本の社会が、そこかしこで形成されているのです。

朝鮮・韓国を出自にもつ人々は、「赤信号みんなで渡れば怖くない」のブラックジョークそのままに、「集団」となり、群れを形成して、日本人に襲いかかってくるのが特徴です。もともと穏やかでのんびりおっとりしたお人良しという日本人の特性を知り尽くしたうえでいたぶり楽しんでいるのです。その集団は、特定の企業や、大阪、川崎、新大久保といった特定の地域にとどまることなく、今や、金満となった成金の在日朝鮮・コリアンらが上部支配している日本の企業全体ならびに日本国全土に及んでいます。

さらに、日本が日本人にとって住みにくくなっている理由の一つとして、治安の悪化が挙げられます。在日朝鮮・コリアンらの犯罪は目に余るものがありますが、マスコミ報道においては、在日朝鮮・コリアンらが犯罪を犯しても、実名ではなく通名すなわち日本人名で報道されるだけですから、日本人による犯罪とみなされてしまいます。通名については、既に当ブログ「通名は百害あって一利なし」において取り上げました。この不条理については、さすがに多くの方々も指摘しておられますから、今さら申し上げるまでもないと思います。

このように、日本人への劣等感と一方的な逆恨みから、日本人に対してならば何を言っても良い、何をしても良い、と信じる礼節を知らない悪い在日朝鮮・コリアンらの負のパワーには計り知れないものがあります。農耕民族の気質が備わっており、もともと静かに暮らすのが好きな日本人が、出自をバネにした過激な生きざまを誇りとする闘争好きな在日集団から被害を受ければ、泣き寝入りするケースがほとんどではないでしょうか。何しろ、悪い在日朝鮮・コリアンらは、徒党を組んで、組織的に、まっとうな発言をする日本人をターゲットとして、執拗なピンポイント攻撃を重ねるので、目の敵にされたほとんどの日本人はひとたまりもないでしょう(グループハラスメント)。

 当ブログの「
“起訴猶予”処分は大変なこと」で既にご紹介しておりますが、私ども夫婦は、誰もが通行可能な私道をいきなり封鎖されるという通行妨害や、買い物に出かけた時、下着姿の男性からいきなり「通らせないぞ」と言われ、手を振り上げられて追い返されるという傷害未遂のみならず、拙宅前の外車への深夜放火事件、拙宅敷地上に乗り上げたままの長時間無断駐車、拙宅敷地内に上がり立小便しようとした近隣専門学校女子生徒への傷害未遂犯(逮捕されました)、拙宅敷地内へのパソコンモニター不法投棄各種騒音被害、深夜・早朝の異常な操作方法によるカン音などきわめて理不尽な近隣トラブルを仕掛けられた経験があります。その際、自治会のブロック役員・地元交番の警官・人権派を標榜する反日左翼弁護士ら総てが、在日朝鮮・コリアンによる揃い踏みでした。すなわち、地域の在日朝鮮・コリアンらが総力を結集して、悪い在日朝鮮・コリアンを擁護するという構図を目の当たりにさせられ、-「在日朝鮮・コリアンによる有無を言わさぬ日本人支配」-を明確に認識した事実があります。

 日本人の声に耳を貸してやるものか!日本人の言い分など聞かない!日本人と交渉するのは嫌だ!!という自民族中心主義を前面に打ち出した自分たちさえ良ければいいという悪い在日コリアンらのやり方は、韓国・鬱陵(ウルルン)島を視察しようとした自民党議員を、合理的な理由の説明もないまま追い返したという強硬措置にも顕著に表れています。つまり、日本人は、朝鮮・韓国人との紛争において、強引に、納得のいかない理不尽な結末へねじ伏せられてしまうという訳です。

もともと日本人と争いたい、戦いたくてしかたがないという本能を持つ、勝ち気で凶暴な悪い在日コリアンらは、まるで「当たり屋」のように、目立つ日本人という車につっこんできては、高く買ってくれる喧嘩を仕掛けてきます。バックに「日韓弁護士協議会」・「LAZAK」・「原後綜合法律事務所」等に所属する弁護士を従えているため、安心かつ強気で喧嘩を仕掛けることのできる悪質な在日コリアンらに対処するには、悪い在日朝鮮・コリアン気質を素早く見抜いて、接しないこと、暴言を吐かれても、粗野な態度を取られても、そもそも日本人とは気質が違う、文化が違うと割り切って、決して相手にしないこと以外にありません。
 
 このことについては、妻の立教女学院中学・高校時代の同級生で立教大学に進学した女性による、昨年の契約不履行ならびに理解不能な
暴言 訴訟において、その女性の訴訟代理人弁護士が立教大学卒業で「日韓弁護士協議会」所属という事実からも、遅まきながら認識し、強く心に刻んだ次第です。

特に、日本人の美徳である同情心、共感、互譲の精神、穏便さ、柔和さ、といった仏心は禁物です。なぜなら、日本人から搾取するばかりの在日朝鮮・コリアンには、日本人の心情が絶対に理解できないからです。そのためにも、悪い在日朝鮮・コリアンが利用している「通名(苗字)」および彼等の「特徴」を把握しておくと、少しは身を守れるのではないでしょうか。在日朝鮮・コリアンならではの性格・習性や行動パターンにも注意を払う必要があります。

そして、彼等がにやにやして近づいてきても、欺かれるだけですから、完全無視あるのみ。決して関わってはなりません。悪い在日さんは平気で嘘をつきますから、証拠のない打ち明け話や不幸話にやすやすと同情してもいけません。いかに配慮し援助したところで、最終的には利用された揚句、ストレスの嵐を受けて、身体を壊すのが関の山であると、肝に銘じることが賢明です。

この動画をご覧ください。

コメント

_ 匿名希望 ― 2011/10/12 08:47

本当に在日は基地外ですね。私も日本共産党の朝鮮夫婦に嫌がらせをされています。朝家の前でボソボソ悪口を言ったり、ゴミを捨てる時に「朝早くからゴミ捨てやがって!」などの暴言を吐かれました。本当に氏ねば良いと思います。

_ 秋日子 ― 2012/02/21 12:08

私も被害者です。
何を言っても日本語が通じない連中です。
集団で嫌がらせをしてくるのです。
こちらは冷静になって作戦を考える事にしています。

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
主宰は「天野コグ」ですか?
正解は「はい」です。

コメント:

トラックバック