お詫びと訂正記事掲載は通常の対応2014/12/26 02:30

お詫びと訂正記事掲載は通常の対応

 

妻(天野ベラ)がドレッサー(色はホワイト)を購入しました。DRESSER/ルーシー(H-09)について、妻がメーカーさんのHPを見たところ、ワゴンのような物が写っていました。「別売」との表示がないので、ホワイトにはワゴンが付いて来るのではと思っていましたが、ワゴンは搬入されませんでした。

 

ドレッサー・ルーシーホワイト(H-09)

忙しかったので、数日後、購入した家具店に連絡を取り、ホワイトのドレッサーにはワゴンが付いているのではないかと、メーカーさんに問い合わせをしてもらいました。しかし、家具店の人は1日待ってもメーカーから連絡がないとのことでした。そこで、平成261225日、私がメーカーさんに直接確かめると、ワゴンは別売りとのことでした。

 

メーカーさんのHPを確認すると、1224日早朝には表示されていなかった「*リリィのワゴンは別売りです」との文言が追加されていました(訂正前訂正後)。

そこで、密かに追加するのではなく同時に訂正をと要求しました。密かに削除したり追加したりするのは、詐欺的行為だと思っているからです。

メーカーさんのHPを見ると、インフォメーションのカテゴリーに、早速お詫びと訂正の記事が掲載されていました。

 

「お詫びと訂正。

いつも、松永工房のHPをご覧になってありがとうございます。
ドレッサー・ルーシィーのページで訂正箇所がありましたので
訂正させていただきます。
*訂正箇所・ホワイトカラーのルーシィーの横に写っているワゴン(リリィーのワゴン)は別売りとなります。
よろしくお願いします。
大変申し訳ございませんでした。
2014-12-25 13:21:41 | Posted by mkobo | Category

| Permalink |

 

ネット上には嘘や虚偽表示が蔓延しています。気づいた人が指摘するしか手立てはありません。意図的に虚偽表示・偽装表示しているケースは論外ですが、指摘を「攻撃」として逆恨みし、反省も謝罪もせず、密かに証拠隠滅したうえ、「報復」までするような企業や輩までいる中、ドレッサーのメーカーさんの対応は通常のものであり、お詫びと訂正記事の迅速な掲載と公開はまっとうで良かったと思います。