-在日コリアン女性への訴訟-PART72011/12/11 22:28

-在日コリアン女性への訴訟-PART7 「原告準備書面1」

青の太字をクリックしてください。写真等が表示されます)

 

PART6に掲載した被告の準備書面1(実質的な答弁書)に対する反論です。

 

被告は、答弁書(4頁)で「原告ベラが指摘する被告の平成15年4月27日の発言①については、被告として全く覚えがないものである。」と主張しました。

 

発言①とは、平成15年4月27日(日)、喫茶店において、原告ベラについて、原告コグに対する「何で、天野(原告ベラ)なんかと結婚したんですか?」、「よく、天野なんかと結婚しましたね!」との発言(これらの発言をまとめて、本件発言①)を指します。そもそも、本件発言①は、被告から、私(天野コグ)に対して発せられたものであり、本件訴訟は、私たち夫婦が原告となっているのですから、「原告ベラが指摘する」などという表現すら笑えるものです。しかも、被告は、平成15年4月27日の面談日からまだ10日ほども経ていないにもかかわらず、本件発言①について、原告ベラの疑問(本件発言①の真意)に答えず話をそらしました。

 

さらに、訴状(2頁)で原告らが主張した「両親の墓が若葉台駅近隣に存在する。」について、被告は、答弁書(1頁)で「不知(知らない)」と主張しました。ところが、被告は、原告ベラが、同窓会の幹事を依頼する電話の中で、原告ベラが、亡き両親ならびに私たち夫婦の将来の墓が被告の住む若葉台駅近隣に存在する事実を伝えると、被告から「○○でしょう?あの辺は庭みたいなもんよ!」と即座に言い当てました。そのため、平成15年4月27日の会談は、墓参のついでとして、場所も若葉台駅近くの喫茶店と被告が指定した経緯があります。

 

 「嘘つきは泥棒の始まり」です。さて、裁判所はどのような判断をくだしたのでしょう。判決文については後日掲載します。

 

以下は、原告準備書面1です。

原告準備書面1-01頁

原告準備書面1-02頁

原告準備書面1-03頁

原告準備書面1-04頁

原告準備書面1-05頁

原告準備書面1-06頁

原告準備書面1-07頁

原告準備書面1-08頁

原告準備書面1-09頁

原告準備書面1-10頁

原告準備書面1-11頁

原告準備書面1-12頁

原告準備書面1-13頁
 
原告準備書面1-14頁

原告準備書面1-15頁

原告準備書面1-16頁


原告準備書面1-17頁

原告準備書面1-18頁

原告準備書面1-19頁

原告準備書面1-20頁

原告準備書面1-21頁

原告準備書面1-22頁

原告準備書面1-23頁

原告準備書面1-24頁

原告準備書面1-25頁

原告準備書面1-26頁

原告準備書面1-27頁

原告準備書面1-28頁

原告準備書面1-29頁

原告準備書面1-30頁

原告準備書面1-31頁

原告準備書面1-32頁

原告準備書面1-33頁

原告準備書面1-34頁

原告準備書面1-35頁

原告準備書面1-36頁

原告準備書面1-37頁

原告準備書面1-38頁






コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
主宰は「天野コグ」ですか?
正解は「はい」です。

コメント:

トラックバック