被告として訴訟を提起されても訴状を堂々と公開しましょう!2016/01/11 15:37

被告として訴訟を提起されても訴状を堂々と公開しましょう!

 

訴訟を提起された場合、あまりにも虚偽の事実が散りばめられ、被告が恥ずかしいことをした等と記載されている場合が多いように見受けられます。なぜなら、原告が被告の悪性を疎明しようとして、証拠もないのに、被告が実行したと断定する書き方を羅列して、裁判官に認めさせようとし、裁判を有利に進めようとするからです。

 

このような場合、一見、被告は訴状をネット上にアップし公開することが憚られますが、実際には、公開することが原告および原告訴訟代理人を困らせると思っています。なぜなら、訴状をそのままの形で受け入れる閲覧者ばかりではないと思うからです。良識があり、公平で公正な立場で訴状を閲覧する方、訴状の中の虚偽の事実を直感的に悟られる御仁もいらっしゃると思うからです。

 

むしろ、積極的に訴状を公開し、嘘を暴くことが必要と考えます。なぜなら、弁護士の北村明美氏が主張しておられるように、「民事法廷では、うそをついても罰せられることは、ほとんどなく、上手にうそをついたほうをプロの裁判官が信用してしまうことがある。その結果、善良で他人を信用し、証拠をとらずに生きている一般の人たちは民事法廷で苦労する。」(写真記事)という事態を回避し打開してゆきたいと考えているからです。

 

正直者が馬鹿を見る現状を改善するには、上手に嘘を付いた者の嘘言や虚偽の事実が発覚するまで根気良く闘ってゆくことが必要です。

 

そのためにも、本日、訴状全文(101112131415161718192021222324252627282930)を必要な個所にマスクしながらも公開します。

  

訴訟記録等を公開していますので、こちらもご覧ください。

  

訴状01頁

訴状02頁

訴状03頁

訴状04頁

訴状05頁

訴状06頁

訴状07頁

訴状08頁

訴状09頁

訴状10頁

訴状11頁

訴状12頁

訴状13頁

訴状14頁

訴状15頁

訴状16頁

訴状17頁

訴状18頁

訴状19頁

訴状20頁

訴状21頁

訴状22頁

訴状23頁

訴状24頁

訴状25頁

訴状26頁

訴状27頁

訴状28頁

訴状29頁

訴状30頁




声優の池澤春菜氏の母親・池澤ショーエンバウム直美こと池澤直美氏と訴訟代理人・弘中絵里弁護士から住民票および戸籍謄本を不当に取得されました。2015/08/25 03:30

声優の池澤春菜氏の母親・池澤ショーエンバウム直美こと池澤直美氏と訴訟代理人・弘中絵里弁護士から住民票および戸籍謄本を不当に取得されました。

 

弁護士が「損害賠償請求事件の訴訟手続き代理の準備のため」と書けば、対立する相手方の個人情報の宝庫である戸籍情報が、いとも簡単に入手出来ることが分かりました(写真1写真2)。

 

池澤ショーエンバウム直美こと池澤直美氏からの本件名誉毀損事件において、何ら争点でないにも関わらず、訴訟代理人弘中絵里弁護士は、証拠説明書の立証趣旨欄に「被告ら(私たち)が夫婦であること」として戸籍謄本(甲14)、「妻の両親が亡くなった時期」として妻の両親の戸籍謄本(甲15)、妻と両親の「現在の住所地に住民票を移した日」として私たち夫婦の住民票(甲16)を不当に入手したのです。

 

私たち夫婦の住民票(甲16)や戸籍謄本(甲14)が、訴状とともに投げつけられて拙宅に届いた時、妻は、弘中絵里弁護士が、必要性もなく、不当な目的で、既に故人である妻の父親の戸籍(甲15)までたやすく取得した行為は、安らかに眠っている両親の墓を掘り起こすに値する狼藉行為であると強い憤りを露わにしました。池澤ショーエンバウム直美こと池澤直美氏は、お世話になった妻の両親を冒涜するにも程があるとの怒りを私も禁じ得ません。

 

私たち夫婦は、弘中弁護士らが池澤ショーエンバウム直美こと池澤直美氏の陳述書(甲49)の閲覧制限申立てた際に、弘中絵里弁護士に通知書を送付しています。

私たちが夫婦である事実については、池澤ショーエンバウム直美こと池澤直美氏の平成23年の誕生日にカードとともに夫である私ならびに妻および妻の亡き両親と愛犬コロちゃんという家族全員の写真を同封して、誕生日カード(資料第48号)を選んで自宅宛に郵送し、届いたとの知らせがありましたから、十二分にご存知の筈です。

 

また、妻の父が亡くなった時期が平成11(1999)年11月だということは「天野ベラのブログ」の平成24年1月24日付け記事から簡単に分かります。訴訟代理人弘中絵里弁護士の証拠説明書では作成日が平成23年1月となっておりますが誤りです(証拠説明書1頁目)。

 

1999年11月に父が亡くなり12月には愛犬のコロちゃんが天に召され,その後母までが急死したというお葉書を出した私の元には,口から口へと伝達してくださったのでしょうか,以前住んでいた町の方々や,業者さんといったごく浅い関係の御方も含めた多くのひとびとから,驚きと悲鳴に近い涙まじりのお声とともに,お悔やみの言葉,あたたかい励ましのお手紙,供花が次々と寄せられました。」(甲2の14

 

「私がこの葉書をお出しした多くの友人・知人」(甲7の1

 

妻の母がその年の大晦日に亡くなった事実についても妻は天野ベラのブログから何度も公開しており、葉書(乙40)まで掲載していますから、池澤ショーエンバウム直美こと池澤直美氏が実際に「天野ベラのブログ」を読んでいれば自ずとわかることなのです。

 

そもそも妻は乙40の葉書を、池澤ショーエンバウム直美こと池澤直美氏池澤ショーエンバウム直美こと池澤直美氏にも出しており、その事実を認めているのですから



正しい日本語について②「転んでもただでは起きない」2013/11/29 00:11

正しい日本語について②「転んでもただでは起きない」

 日本人にとって、「日本語」は最も大事なものです。

たとえ、グローバルな時代であっても、日本で正しい日本語を理解していなければ、仕事も上手くゆかない筈です。何せ、まともなコミュニケーションがとれない訳ですから。

 

本日のお題は、「転(ころ)んでもただでは起きぬ(ない)」です。

 

転んでもただは起きない」とは、

「転んでも必ずそこで何かを拾って起きる」という意味から、どんな場合でも、何か、自分の得になることを見つけ出す人や行為のことをいいます。また、要領のよさや欲深さを冷評していう言葉です。

 

つまり、「転んでもただは起きない」とは、失敗した場合でも、そこから何かを得ようとすることですから、部分的に失敗したけれども結果的にやり遂げた場合とか、あの人とは会えなかったが、この人とは会えたから「転んでもただは起きない」などと、あたかも「良いこと」であるように誤認してその言葉を用いるのは、明らかな間違いです。この日本語を、負け惜しみの表現に代えて誤用するのも愚かなことです。

 

もっと日本語を勉強したいですね。



正しい日本語について12013/11/26 00:01

正しい日本語について1

 日本人にとって、「日本語」は最も大事なものです。

たとえ、グローバルな時代であっても、日本で、正しい日本語を理解できなければ、仕事も上手くゆかない筈です。何せ、まともなコミュニケーションが出来ない訳ですから。

 

今日のお題は「手弁当」です。

「手弁当」とは、
1 自分で弁当を用意して持っていくこと。また、その弁当。
2 自費で、あることのために働くこと。「-で選挙の応援をする」
つまり、手弁当とは、無償の行為ですから、あることを実行するために集合したメンバーに、集合を呼びかけた者が同一価格の弁当代金を支出したとすれば、これは既に手弁当とは言えず、弁当の提供となります。

 もっと日本語を勉強したいですね。

祝出版「その女在日につき」-在日の、在日による、在日のための『在日本帝国』に成り下がった日本!-在日の肺腑を剔る一冊2012/06/18 00:25

祝出版「その女在日につき」-在日の、在日による、在日のための『在日本帝国』に成り下がった日本!-在日の肺腑を剔る一冊

青の太字をクリックしてください。写真などが表示されます。


 

妻の天野ベラが「ルサンチマンは女の宿痾」に続き第二作目となる「その女在日につき」をこの度書き下ろし、本日6月18日に発行しました


 

この本には、天野ベラが中学・高校と通った立教女学院における同級生が、在日韓国人であった事実が赤裸々に綴られています。在日であるがゆえに日本人に対する憎悪が溢れんばかりに満ちていた同級生の怒りの矛先は、その女を宥恕し、宋襄の仁をもって接してきた天野ベラに、容赦なく振りかかりました。


 

日本人に対してならどんなに無礼であっても構わない、何を言ってもしても構わない、訴えられても在日韓国人の擁護に特化した弁護士に守ってもらえる、在日の権力に与する裁判官らに有利な判決を出してもらえるという奢りに満ちています。今や在日韓国人が支配していると言っても過言ではなく在日本帝国と化した日本において、在日韓国人たちは日本人より偉いと信じ、徒党を組んで生きています。


 

大いなる劣等感の裏返しによって生まれた「上から目線」と「偉そうな態度」をもって日本中を傲慢に渡り歩き、小さくなっている日本人に無理難題を押し付けて、「常に自分は正しい」「常に自分が一番」との誤った幻想を抱きながら生きている根源には、一対一の正攻法や正論で闘っても勝てないと内心わかっている強者である日本人に対する名状し難い嫉妬の念と自信のなさがあり、それらは怯懦な在日のルサンチマンに他ならないものです。


 

第二作目は、在日であるその女が、中学・高校時代から既に在日特有の奇異な様相を呈し、過激な波乱含みの言動を実行してきた事実を明らかにし、卒業後20年以上を経てもなお同級生であった日本人を憎み続け、在日として生きている様を詳らかにしました。そして、私どもがその女に対して提起しなければならなかった債務不履行等損害賠償請求訴訟の記録も一部記載されています。

 

一方的に日本人を抑圧・蹂躙し、搾取する在日に対しては、在日の言動を、余すところなく活字で後世に残すことが必要と考えています。「その女在日につき」は、ひとりの在日女の極悪非道な所業を、日本人が直接受けてきた証であり、歴史に残る一冊となるでしょう。

その女在日につき