被告として訴訟を提起されても訴状を堂々と公開しましょう!2016/01/11 15:37

被告として訴訟を提起されても訴状を堂々と公開しましょう!

 

訴訟を提起された場合、あまりにも虚偽の事実が散りばめられ、被告が恥ずかしいことをした等と記載されている場合が多いように見受けられます。なぜなら、原告が被告の悪性を疎明しようとして、証拠もないのに、被告が実行したと断定する書き方を羅列して、裁判官に認めさせようとし、裁判を有利に進めようとするからです。

 

このような場合、一見、被告は訴状をネット上にアップし公開することが憚られますが、実際には、公開することが原告および原告訴訟代理人を困らせると思っています。なぜなら、訴状をそのままの形で受け入れる閲覧者ばかりではないと思うからです。良識があり、公平で公正な立場で訴状を閲覧する方、訴状の中の虚偽の事実を直感的に悟られる御仁もいらっしゃると思うからです。

 

むしろ、積極的に訴状を公開し、嘘を暴くことが必要と考えます。なぜなら、弁護士の北村明美氏が主張しておられるように、「民事法廷では、うそをついても罰せられることは、ほとんどなく、上手にうそをついたほうをプロの裁判官が信用してしまうことがある。その結果、善良で他人を信用し、証拠をとらずに生きている一般の人たちは民事法廷で苦労する。」(写真記事)という事態を回避し打開してゆきたいと考えているからです。

 

正直者が馬鹿を見る現状を改善するには、上手に嘘を付いた者の嘘言や虚偽の事実が発覚するまで根気良く闘ってゆくことが必要です。

 

そのためにも、本日、訴状全文(101112131415161718192021222324252627282930)を必要な個所にマスクしながらも公開します。

  

訴訟記録等を公開していますので、こちらもご覧ください。

  

訴状01頁

訴状02頁

訴状03頁

訴状04頁

訴状05頁

訴状06頁

訴状07頁

訴状08頁

訴状09頁

訴状10頁

訴状11頁

訴状12頁

訴状13頁

訴状14頁

訴状15頁

訴状16頁

訴状17頁

訴状18頁

訴状19頁

訴状20頁

訴状21頁

訴状22頁

訴状23頁

訴状24頁

訴状25頁

訴状26頁

訴状27頁

訴状28頁

訴状29頁

訴状30頁




声優の池澤春菜氏の母親・池澤ショーエンバウム直美こと池澤直美氏と訴訟代理人・弘中絵里弁護士から住民票および戸籍謄本を不当に取得されました。2015/08/25 03:30

声優の池澤春菜氏の母親・池澤ショーエンバウム直美こと池澤直美氏と訴訟代理人・弘中絵里弁護士から住民票および戸籍謄本を不当に取得されました。

 

弁護士が「損害賠償請求事件の訴訟手続き代理の準備のため」と書けば、対立する相手方の個人情報の宝庫である戸籍情報が、いとも簡単に入手出来ることが分かりました(写真1写真2)。

 

池澤ショーエンバウム直美こと池澤直美氏からの本件名誉毀損事件において、何ら争点でないにも関わらず、訴訟代理人弘中絵里弁護士は、証拠説明書の立証趣旨欄に「被告ら(私たち)が夫婦であること」として戸籍謄本(甲14)、「妻の両親が亡くなった時期」として妻の両親の戸籍謄本(甲15)、妻と両親の「現在の住所地に住民票を移した日」として私たち夫婦の住民票(甲16)を不当に入手したのです。

 

私たち夫婦の住民票(甲16)や戸籍謄本(甲14)が、訴状とともに投げつけられて拙宅に届いた時、妻は、弘中絵里弁護士が、必要性もなく、不当な目的で、既に故人である妻の父親の戸籍(甲15)までたやすく取得した行為は、安らかに眠っている両親の墓を掘り起こすに値する狼藉行為であると強い憤りを露わにしました。池澤ショーエンバウム直美こと池澤直美氏は、お世話になった妻の両親を冒涜するにも程があるとの怒りを私も禁じ得ません。

 

私たち夫婦は、弘中弁護士らが池澤ショーエンバウム直美こと池澤直美氏の陳述書(甲49)の閲覧制限申立てた際に、弘中絵里弁護士に通知書を送付しています。

私たちが夫婦である事実については、池澤ショーエンバウム直美こと池澤直美氏の平成23年の誕生日にカードとともに夫である私ならびに妻および妻の亡き両親と愛犬コロちゃんという家族全員の写真を同封して、誕生日カード(資料第48号)を選んで自宅宛に郵送し、届いたとの知らせがありましたから、十二分にご存知の筈です。

 

また、妻の父が亡くなった時期が平成11(1999)年11月だということは「天野ベラのブログ」の平成24年1月24日付け記事から簡単に分かります。訴訟代理人弘中絵里弁護士の証拠説明書では作成日が平成23年1月となっておりますが誤りです(証拠説明書1頁目)。

 

1999年11月に父が亡くなり12月には愛犬のコロちゃんが天に召され,その後母までが急死したというお葉書を出した私の元には,口から口へと伝達してくださったのでしょうか,以前住んでいた町の方々や,業者さんといったごく浅い関係の御方も含めた多くのひとびとから,驚きと悲鳴に近い涙まじりのお声とともに,お悔やみの言葉,あたたかい励ましのお手紙,供花が次々と寄せられました。」(甲2の14

 

「私がこの葉書をお出しした多くの友人・知人」(甲7の1

 

妻の母がその年の大晦日に亡くなった事実についても妻は天野ベラのブログから何度も公開しており、葉書(乙40)まで掲載していますから、池澤ショーエンバウム直美こと池澤直美氏が実際に「天野ベラのブログ」を読んでいれば自ずとわかることなのです。

 

そもそも妻は乙40の葉書を、池澤ショーエンバウム直美こと池澤直美氏池澤ショーエンバウム直美こと池澤直美氏にも出しており、その事実を認めているのですから



声優の池澤春菜氏の母・池澤直美氏が裁判所に提出した診断書を公開します。2014/05/17 21:17

声優の池澤春菜氏の母・池澤直美氏が裁判所に提出した診断書を公開します。

 

(青の太字をクリックしてください。写真等が表示されます。)

 

 

池澤直美氏は、平成25年11月7日付け「陳述書」(甲第49号証)を裁判所に提出しました。その中で、池澤直美氏は、「周りの方の勧めもあり,20132月から心療内科メンタルクリニックである御徒町クリニックに通院するようになりました。○病と診断され、薬を処方されました(46、同471,2)」(37乃至8行目)、「本当に気持ちがダウンした時には自殺をしたくなります。」(188乃至9目)と陳述しています。

 

池澤直美氏は、私たち夫婦に総額6千万円もの超高額の金員請求訴訟を提起する中で、「自殺」をほのめかして「脅迫」しており、もしもの事が起こってからでは遅すぎます。

最早この「診断書」は、私たち天野夫婦と裁判所だけが知っていればよいものではありません。池澤直美氏に、もしもの事が起こったとしても、私たち夫婦は責任が取れません。

したがって、私たち夫婦は、池澤直美氏の診断書(甲第46号証)を公開することにしました。

 

池澤直美氏の○病を、職場での仕事仲間、ひいては客先にも積極的に伝えて保護を受ける必要があると判断したからです。そして、社会全体で○病を治してゆくことが肝要だと考えます。

 

 

なお、池澤直美氏は、「夢をあきらめねばならないなんて,何と理不尽なことでしょうか。717乃至18行目)と,陳述するものの,プラティエス株式会社を閉鎖した事実(乙第124号証)を,1年以上経過した平成264に入っても、私天野コグが削除依頼するまで、池澤ショーエンバウム直美のオフィシャルサイト上にも、日本オリーブオイルソムリエ協会のホームページに書かれている肩書も「プラティエス株式会社代表取締役」のまま表示して「閉鎖」「廃業」の事実を公表していなかったことについては、前日・2014年5月16日の記事に書いておきました。

池澤直美氏の活動状況を見れば、とても、「夢をあきらめた」とは思えませんし、「診断書」を送りつけられましたが、池澤直美氏が「○病」であるかどうかは不明です。

したがって、池澤直美氏に実際に接した方が、「実際に○病なのですか?」と確認してやってください。

 




天野コグの変更依頼で、プラティエス株式会社廃業がネット上で明らかに2014/05/16 00:36

天野コグの変更依頼によって、池澤ショーエンバウム直美氏こと声優の池澤春菜氏の母・池澤直美氏が代表取締役であったプラティエス株式会社廃業が、1年以上経過後にやっとネット上で明らかとなりました。

(青の太字をクリックしてください。写真等が表示されます。)

 

池澤直美氏はプラティエス株式会社廃業の事実を裁判所に提出しました。

声優の池澤春菜氏の母・池澤ショーエンバウム直美氏こと原告・池澤直美氏は「原告は,被告らによる名誉毀損行為や業務妨害行為によって仕事が減少したこと,原告が関わることで関係者に迷惑を掛けてしまうことへの社会的道義的責任を感じたことから,平成253月にプラティエス株式会社を閉鎖した。」(訴状18頁)と、主張しています。そして、廃業の事実(甲第45号証)を裁判所に提出しました。私たち天野夫婦は、廃業は私たちのせいではなく、「原告は会計年度末の3月に予定通りプラティエス株式会社を閉鎖した」と主張しています。

 

しかし、廃業から1年経過した平成264月になっても、日本オリーブオイルソムリエ協会のHP及びビジュアル支援委員会HPには、「プラティエス株式会社 代表取締役」の表示がなされたままでした。

池澤直美氏が顧問(99号証120・証拠隠滅)および講師として紹介されている日本オリーブオイルソムリエ協会のHP(乙第254及びビジュアル支援委員会HP(乙第255号証)では,廃業から1年以上が経過し,平成264月になっても,池澤ショーエンバウム直美氏が「プラティエス株式会社 代表取締役」として紹介されていました。

 

そこで、天野コグが日本オリーブオイルソムリエ協会に「プラティエス株式会社 代表取締役」の表示は貴協会の信用に関わる旨、2度電話しました。

平成25122日および11日,私が電話にて、日本オリーブオイルソムリエ協会にプラティエス株式会社の廃業を伝え、同協会HPの講師紹介ページに記載の「プラティエス株式会社 代表取締役」の表示は貴協会の信用に関わる旨を申し出たにもかかわらず、平成2641日になっても「プラティエス株式会社 代表取締役」の表示は削除されませんでした(乙第254

 

天野コグが日本オリーブオイルソムリエ協会に「プラティエス株式会社 代表取締役」の削除を依頼しました。

そこで、平成26417日、エビデンスを持って同協会を訪問しましたが、お留守でしたから、エビデンスを持ち帰りました。そこで、私が同協会に対して「プラティエス株式会社 代表取締役」の削除を求める問い合わせを行うと、平成26424日に「プラティエス株式会社 代表取締役」のみの削除にとどまらず、池澤ショーエンバウム直美氏そのものが削除されていることを確認しました。

 

池澤ショーエンバウム直美氏のオフィシャルサイトのプロフィールには、廃業から1年経過した平成264月になっても、「プラティエス株式会社」存続を装う偽装表示がなされていました。

池澤ショーエンバウム直美氏のオフィシャルサイトのプロフィールには、平成26423日になっても「・20054月プラティエス株式会社を設立、同代表取締役社長。」と表示されており(乙第253号証、誰が見ても、未だに同社が存在しているとしか思えない状態のままでした。

 

天野コグが池澤直美氏にプロフィール変更の依頼をしました。

そこで、私が、52日に同オフィシャルサイトに「「池澤ショーエンバウム直美オフィシャルサイト『プロフィール』変更依頼」池澤ショーエンバウム直美オフィシャルサイトの「プロフィール」には現在も「・20054 プラティエス株式会社を設立、同代表取締役社長。」と表示されていますが、20133月プラティエス株式会社廃業が事実なら「・19892005国際基督教大学(ICU)勤務。」のように「20054月~20133プラティエス株式会社 代表取締役社長。」と変更してください。(天野コグ)」と変更依頼の問い合わせメッセージを送ると、54日に「・20054月~20133月プラティエス株式会社を設立、同代表取締役社長。」と表示されていることを確認しました。



池澤直美氏訴訟 書証 天野ベラの手紙(甲第17号証)2014/04/27 11:34

平成25年4月、池澤直美氏が、私ども夫婦に対して、東京地方裁判所に超高額請求訴訟(総額6000万円)を提起した際に提出された証拠を公開します。

 

平成18年10月25日付けで、私の妻・天野ベラが万感の思いを込めて書き、投函したこの手紙(甲第17号証)を、池澤直美氏は「攻撃の開始」(訴状)としています。


池澤直美氏訴訟 甲第17号証1頁

池澤直美氏訴訟 甲第17号証2頁