コミュニケーション・エラーに納得2010/01/31 20:53

コミュニケーション・エラーに納得
青色の太字をクリックしてください。写真などが表示されます。)
「韓国倫理崩壊1998-2008」

韓国倫理崩壊1998-2008」呉善花著、2008年6月、三交社刊を読んで、すっと本の内容が自然に自分の中に取り入れられた。なるほど、在日朝鮮人やコリアンが日本人とコミュニケーションが取れないのは当たり前だ、当然だと思うようになった。
著書は、次の構成となっている。
第一章 自己中心的な民族主義
    4 日本人には無礼でも構わないという通念
    5 反日民族主義と歴史の捏造
    7 世界一でありたい
第二章 外貌重視と虚飾の文化
    4 不法を正当化しようとする文化
    6 他人のせいにする習慣
    7 正道を進もうとしない国民性
    8 ことさら出身を重視する
    10 「ありがとう」「ごめんなさい」を言わない
第三章 虚言と虚勢の社会習慣
    1 深刻な社会問題となっている嘘つき
    4 嘘をついても責任をとらない社会
    5 犯罪発生率のトップが詐欺
    6 法廷が嘘の競演場となる
第四章 倫理崩壊への道をひた走る韓国
    4 亡命する者、国籍を離脱する者
    8 凶悪犯罪の増加と自殺の多発
    10 海外韓国人の悪評

読後の感想として、
第一章 自己中心的な民族主義
「4 日本人には無礼でも構わないという通念」はなるほどと思わせる。日本人が挨拶しても、それが何だ。
日本人が相手の気を遣って、もらって喜ぶ姿を思い浮かべながら贈り物を決めれば、「もらったのは粗品」、「粗品の交換」などと相手の品を粗品と呼んで憚らない。
「それはいくら?」と聞きながら支払うつもりは毛頭ない、甘いものを贈れば「私を太らせるつもりか」と激怒などなど、逆に日本人から品物を貰えば相手は「儀礼に過ぎない」と切って捨てる言葉。年長者と分かっていながら、日本人には無礼な態度を示す者が多い。電話で約束しても、言わされたのであって、「約束などしていない」。コミュニケーションできないのは「日本人とだけだ」。
「7 世界一でありたい」も、なるほどと思わせる。在日かどうかははっきりしないが「世界の○○」、「世界○○集団」とやたら世界で活躍しているかの如く自称する者がいる事実に、世界一と思い込んでいる勘違いの民族主義が込められているのかも知れない。

第二章 外貌重視と虚飾の文化
「4 不法を正当化しようとする文化」にも、なるほどと思わせる。自分たち家族さえ良ければ、日本の法律などどうでもいいと、法律を捻じ曲げる。「6 他人のせいにする習慣」も、しかりである。親しいうちは、さんざん他人に色々とやらせておいて、いざとなれば、あの人が勝手にやったと、知らん顔で切り捨てる。
「7 正道を進もうとしない国民性」について、筆者は「韓国には『モ(はずれた道)で行ってもソウルに着きさえすればよい』というのがある。要するにこれは、『正道を踏み外して汚れた裏街道を行こうとも、とにかく目的を達成しさえすればよい』という意味のことわざなのである。」と記載している。これにも納得させられる。
「8 ことさら出身を重視する」も、なるほどと思わせる。日本の○○大学のみならず、外国の○○大学卒業との履歴を得んと留学する者が在日コリアンには多い。学歴を重視している実態がよく分かる。筆者は、「日本人でも、初めて会った人に対して、『どこのお生まれですか?』『どこの学校を出られましたか?』『どこにお勤めですか?』などの質問をするのはよくあることだ。しかしながら多くの日本人は、そうした質問によって、自分の出身との良し悪しの差異を見極めようなどとは思いもしていないだろう。たいていは、なにかの共通点を探して親しみある関係に入りたいのである。韓国人にもそういう気持ちがあることはあるが、それよりも自分と相手のどっちが上か下かをはっきりさせたいのである。」と記述する。
なるほど、日本人が相手の勤め先を聞いて、親近感を深めようとするのに対し、韓国人は、それを聞かれた時に、どっちが上かを聞かれたと思うようだ。とすれば、世界的な有名企業に勤務している日本人から、勤め先を聞かれれば、「うるさい!」という暴言を返すことになってしまうのであろう。
「10 『ありがとう』『ごめんなさい』を言わない」も、大いに納得する。品物のやり取りについては、「儀礼に過ぎない」と切って捨てる。「ごめんなさい」と謝ったら負けのような感覚が感じられ、「謝罪したいことがある」と文にされたことは稀にあるが、相手の目の前で「ごめんなさい」と頭を下げることは決してない。

第三章 虚言と虚勢の社会習慣
「1 深刻な社会問題となっている嘘つき」には、筆者が「韓国は世界有数の『嘘つき大国』である――韓国に生まれ育った私が、そう言わざるをえないことをまことに悔しく悲しく思う。」と記述している。
「4 嘘をついても責任をとらない社会」には、筆者が「日本では『嘘つきは泥棒の始まり』という言い方があるように、幼い頃から絶対に嘘をついてはならない、人は正直でなければならないということを口を酸っぱくして教えると聞く。韓国でももちろん、嘘をついてはいけない、正直に生きなくてはならないと教える。しかし同時に、韓国の社会には『騙されるほうが悪い』という通念が抜きがたくある。韓国の社会では、嘘をついたり人を騙したりして人に被害を与えたことが発覚しても、なんらの責任をとろうとはせず、またその責任を厳しく問おうとはしない傾向がまことに強いのである。そればかりか、騙されないようにしなかった本人の責任だ、騙されるとはなんてバカなんだと言わんばかりの非難を浴びることにすらなり、諦めて泣き寝入りするほかなくなることがきわめて多いのである。」と記述する。これでは、日本人は、在日韓国人と付き合う気はしないし、日本人らしい通名と容貌を持って近づいて来る在日韓国人に注意を払わなければならないだろう。はっきり言えば、在日韓国人お断りである。
「5 犯罪発生率のトップが詐欺」というのも納得である。日本人から日本の財産を奪おうとして近づいてくるのが悪い在日であることは明白だからだ。
さらに、「6 法廷が嘘の競演場となる」は、胸にストンと落ちる。なにせ、現法務局民事局長である元東京地裁民事第6部の総括判事であった原優(はらまさる)裁判長裁判官が、法廷で、私どもが反対尋問するにあたって、「(原告らが)本当のことなんか言いっこないです。」と明確に話されたからである。韓国の法律家を日本に招聘したことのある原優氏は韓国通であろうから、よくよくお分かりのことだったのだろう。

第四章 倫理崩壊への道をひた走る韓国
「4 亡命する者、国籍を離脱する者」で、筆者は「私が日本国籍を取ったのは、自由な言論活動をしたかったし、日本に永住したかったからだった。それに、嘘で人を傷つけるだけ傷つけてなんとも思わないような人の多い韓国社会に、ほとんど絶望してしまっていたからでもある。」と発言する。嘘が平気な民族は日本から去ってもらいたい。
「8 凶悪犯罪の増加と自殺の多発」で、筆者は「国を棄てる者たちが多い理由のひとつに、社会の安全秩序があまりにも悪いことがあげられる。凶悪犯罪、性犯罪、腐敗事件が著しく増加しているのである。」として、1995年と2000年の殺人、強姦、強盗件数を示している。人口10万人当たりの犯罪発生件数について、殺人が日本の0.9件に対し韓国が9件台、強姦が日本の1件台に対し10数%となっている。
「10 海外韓国人の悪評」では、『朝鮮日報2001.02.12』の記事を紹介している。
メキシコの有力日刊紙レフォルマが最近、韓国の移民社会を特集記事で扱い、韓国人に対する現地人の否定的な見解だけを反映、同胞らの怒りを買っている。
 新聞は「遠くの隣人、小さなソウル」というタイトルの全面特集記事で、4年前から韓国人のメキシコ移民が急増し、今では約9000人にも達している」と指摘、「しかし彼らは、自分達だけの共同体の中で、自分達だけの言語と生活文化に固執、隣人との共存を無視している」と非難した。
 同紙はまた、「韓国人が主に住んでいるメキシコシティのフアレス区域は、50年ほど前までは様々な国からの移民が仲良く共存する地域だったが、韓国人が移住してから、隣人同士の情が薄れた代わり、不満がいっぱいの状態だ。現地の法を破った韓国人が、メキシコ人と多くのいざこざを起こしている」と伝えた。
 特に、カラオケや韓国式飲み屋の近隣に居住する住民は、「韓国人は、現地の法を無視し、前日午後から翌日午前7時まで、一晩中歌を歌うなどして興に乗じており、一部の店舗では売春まで斡旋しているようだ」とし、韓国人は、非常に共存し難い民族であると糾弾した。
 このほか、市内の中心街の建物を銭湯に不法改造した後、手ぬぐいを道路側にかけて美観を損ねたり、当局の許可なしに営業行為をする韓国人の店が多く、関係当局の介入が必要だと指摘されている。
 これに対しメキシコに住む同胞は、「最近韓国人の移民が急激に増え、多くの副作用が発生しているのは事実だが、現地人の一方的な話だけを聞いて、我々の社会を罵倒するのは、言論の横暴というだけではなく、人種差別行為だ」とし、憤慨している。

この本は、日本人には到底推し量れない、韓国人の社会通念や考え方、心理状態、などの特異体質について詳細に書かれている。我々日本人は、教科書としてこの本を読んで、予め悪い在日韓国、朝鮮人に騙されないようにしたい。騙す悪い在日韓国、朝鮮人に罪悪感などない。むしろ、「うまくやった」とほくそえむだけに違いない。

また、悪い在日韓国、朝鮮人は「通名」を利用し、日本人のごとく、巧妙に、日本人に接近して来るので、私の「通名のホームページ」を閲覧し「通名」についての理解も深めていただければと願っている。悪い在日韓国、朝鮮人とのコミュニケーション・エラーに納得だ。

携帯電話から「通名のホームページ」へはこちらから。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
主宰は「天野コグ」ですか?
正解は「はい」です。

コメント:

トラックバック